TOP > パイパーズ > バックナンバー

雑誌PIPERSパイパーズのご案内 毎月20日発売・定価780円(税込)


バックナンバー 401号〜

●1〜50号  ●51〜100号  ●101〜150号  ●151〜200号 
●201〜250号  ●251〜300号  ●301号〜350号  ●351号〜400号  ●401号〜  


435号
(2017年11月号)
米国ホルン界とガイヤーの血脈:デイヴィッド・グリフィン(シカゴ響)&ジョナサン・ハミル/ブラスバンドに女性はどれだけ参加しているか:世界の金管バンドを調査/パイプオルガン建造最前線:横田宗隆/エーラー体験とヤマハCSGIII:川上一道/オーボエ荒木奏美:国際コンクール優勝から2年の進境/スイスでアルトトロンボーンに取り組んだ:茂木光伸/WoodStoneニューヴィンテージアルトを試奏する:宮越悠貴/リエクサ・トランペットコンペティション/第34回日本管打楽器コンクール/第15回東京音楽コンクール木管部門/他
434号
(2017年10月号)
女性ブラスプレイヤーが歩んで来た道:国際女性ブラスコンファレンスから/フルート:アンドレ・リーバークネヒト「すべてのトラブルのもとは息が吸えていないこと」/日本のプロオケ初の女性首席トランペット:松木亜希/サクソフォン:ヤン・ルマリエ「若くして選んだ教師としての道」/ヤナギサワWOソプラノの魅力を語る:野原孝/リポート:国際トロンボーンフェスティバル/アルチュニアン国際管楽フェスティバルに参加した/R.スチュワートのブラスギャラリー:トミー・ジョンソンのダブルテューバ/アーカイブ:ジョン・マーセラス/他
433号
(2017年9月号)
ベルリンフィル・ホルン奏者サラ・ウィリスをジョナサン・ハミルがインタビュー/ヤマハ独自の技術から生まれた全く新しい管楽器「ヴェノーヴァ」/フルート吉岡次郎:「シュトゥルム・ウント・ドランク」を奏でる/ヤナギサワWOソプラノ誕生:その開発の経緯/アンブシュア対談(2):口輪筋だけに頼っていませんか/トランペット都丸欣一さんを偲ぶ:敗戦後ジャズの分野で華やかに活躍/ フェリックス・クリーザー: 両腕のない障害を乗り越えたホルン奏者/「Slow Practice』のすすめ:クリス・ゲッカーのTp新教本への手引き/R.スチュワートのブラスギャラリー:E♭管コントラバストロンボーン/他
432号
(2017年8月号)
クリーヴランド管弦楽団首席テューバ杉山康人さんの意外な子供時代/第9回神戸国際フルートコンクールをリポート/アンブシュア対談「口輪筋だけに頼って吹いていませんか?」谷尻忍×宮崎真一/世界初編成オーケストラ「ノン・ストリングス・オーケストラ」/アンサンブル法誌上講座「音程の良い演奏って何だろう?」田崎瑞博/オーボエ中村あんり:パリ音楽院で運命の決断/大阪国際室内楽コンクール&フェスタ/R.スチュワートのブラスギャラリー:クルトワD管Trp/「SlowPractice』のすすめ:クリス・ゲッカーのTp新教本への手引き/他
431号
(2017年7月号)
イタリアのクラリネットの名手コラド・ジェフレディ/ユーフォニアム奏者アントニー・カイエ:仏から初来日/SAX須川展也の地平:作品を委嘱し続けて来た原動力は?(後編)/ヘリコンかついで思いっきり世界の売れ線を狙う!:TOHO/スライドファクトリー2017:トロンボーンの最高のテーマパーク!/世界主要オーケストラ管打楽器奏者一覧/「SlowPractice』のすすめ:クリス・ゲッカーのTp新教本への手引き/連載ロブ・スチュワートのブラスギャラリー:ジャンボ・スーザフォン/集中連載(8)Oboeジョン・マック/アーカイブ記事:ロバート・ディック/他
430号
(2017年6月号)
SAX須川展也の地平:作品を委嘱し続けて来た原動力は?/三界秀実:僕のクラリネット・マウスピース遍歴/金管楽器3つのアンブシュアタイプTrp編:バジル・クリッツァー×川田修一/ウィンナワルツは人間の鼓動/新連載ロブ・スチュワートのブラスギャラリー:バック改造ポケットコルネット/ヤナギサワの漆の響き!/仙台フィル異種楽器ピンぼけ対談:森岡正典tp×小川有紀子vn/国内プロオーケストラ管打楽器奏者一覧/アーカイブ記事:ジュリアス・ベイカー/集中連載(7)Oboeジョン・マック/ブラス・ユナイテッドのセミナー/Z EXPRESSビッグバンド始動/他
429号
(2017年5月号)
パーチョ・フローレス:歌うトランペットに聞く音色のつくり方と楽器の話/ホルン大野総一郎:ドイツのオーケストラ生活とホルンの早期教育/音楽ワークショップのあり方を考える:マイケル・スペンサー/ウィーンの響きを持つヤマハXenoトランペット:神代修/フレッシュインタビュー:東京フィル首席フルート神田勇哉/ハイレゾリューション・オーディオの世界/高原の礼拝堂での録音記/集中連載(6)Oboeジョン・マック/アーカイブ記事:ウルフ・ローデンホイザー(元ベルリンフィル首席)/神田めぐみトロンボーン・マスタークラス/日本オーボエフェスティバル/他
428号
(2017年4月号)
検証:トランペットとコルネットは違う?違わない?/世界のホールの響きをつくる:永田音響設計の「現場」を大公開!/サラ・ウィリスのHorn Hangout:ベルリンフィルHrセクションの本音トーク!(後編)/Z EXPRESS BIG BANDの仕掛け人:三塚知貴/日本音楽コンクール・オーボエ部門1位:橋爪惠梨香/プレソン・テューバを試奏する!:佐藤和彦/ニッカン小史と名器Nikkan「中バス」(後編)/吉成行藏、似鳥健彦両氏の功績を偲ぶ/集中連載(5)Oboeジョン・マック/アーカイブ記事:ウルフ・ローデンホイザー(クラリネット奏者・ミュンヘン音大教授)/他
427号
(2017年3月号)
フルート立花千春さんの思い出:工藤重典、岩佐和弘、山本純子/サラ・ウィリスのHorn Hangout:ベルリンフィルHrセクションの本音トーク!/最強のクラリネット日課練習:ビル・ジャクソン/ニッカン小史と名器Nikkan「中バス」前編/世界で最も有名なテューバ設計者:ヴァルター・ニルシュル(後編)/クラリネット・マウスピースのリフェイシング(後編)/Wood Stoneの新アルトサクソフォンを試奏する:松下洋/集中連載(4)Oboeジョン・マック/アーカイブ記事:ジャン=マリー・ロンデックス「M.ミュールの功罪」/アメリカのシンフォニックジャズを検証/他
426号
(2017年2月号)
オープンG♯フルートに70歳から挑戦!:伊藤公一/世界で最も有名なテューバ設計者:ヴァルター・ニルシュル(前編)/トランペット山崎千裕:思いが強いほど伝わる!/クラリネット・マウスピースのリフェイシング(前編)/日本音楽コンクールフルート部門1位:下払桐子/日本発!シルバーソニックカルテット:サクソフォンカルテットJG/関西トランペット協会フェスティバル/フレデリック・ヘムケのレガシーを継ぐ:米国スノーポンド・サクソフォンキャンプ報告/アーカイブ記事:アラン・シヴィル/仏Flコンベンション出演:ユニバーサルフルートオーケストラ/他
425号
(2017年1月号)
バロック音楽と「イネガル奏法」:ジャック=アントワーヌ・ブレッシュ/座談会:「金管楽器の3つの基本アンブシュアタイプ」(続)/「みやむぅ」式ヤマハオーボエのすすめ:宮村和宏/現代のバスーンとフオックスの挑戦(3):人気モデルと注目のモデルを解説/名匠の血脈を継ぐ女性マイスター:ケルスティン・フォークト/日本管打楽器コンクール1位&大賞受賞:トランペットの籠谷春香/追悼特集:宮本大路さんの「旅立ち」を悼む/集中連載(2)Oboeジョン・マック/アーカイブ記事:コンセルトヘボウ管往年のFgブライアン・ポラード/伊藤泰世メモリアル演奏会/他
424号
(2016年12月号)
座談会:誰もが当てはまる「金管楽器の3つの基本アンブシュアタイプ」/ヤマハフルート「アーティストたちから学んだ設計思想」/アルトフルートの歴史/現代のバスーンとフオックスの挑戦(2):米欧日に向けたモデル開発が意味するもの/内外コンクールを連続制覇:テューバ金宇浩/「バストロンボーンOPEN!」リポート/集中連載(1)Oboeジョン・マック/トランペット・フェスティヴァル報告/連載:カゲヤマ博士の演奏心理学「あがった時にはQuiet Eye」/アーカイブ記事:ボストン響ステマネに聞く/Trbノア・グラッドストーン/第85回日本音楽コンクール結果/他
423号
(2016年11月号)
イアン・バウスフィールド:マーラーとブラームスがトロンボーンに込めたメッセージ/米国のスーパーTrp:レックス・リチャードソン/ヤマハフルート「ランパルや名手たちとの出会い」:原嘉靖/オーボエ吉井瑞穂:キーワードは「楽しく吹ける」こと/現代のバスーンとフオックスの挑戦(1):H.フオックスが完成させたバスーンのスケール/侍BRASSの10年:中川英二郎/須川展也:新CD「マスターピーシズ」を語る/連載:カゲヤマ博士の演奏心理学「完璧な練習がなぜトラブルを?」/アーカイブ記事:ペーター・シュミードル/第33回日本管打楽器コンクール/他
422号
(2016年10月号)
サラ・ウィリスのHorn Hangouts:アンソニー・ハルステッドに聞くホルン奏者の「ハイとロー」/マチュー・デュフォー、イデアルに出会う/独自調査!:管楽器奏者と出産/チューバマンショーの「サイレントブラスな日々」/フランスの新世代トロンボーン奏者ニコラ・ムティエ/クラリネット金属化の「徒花」?:ダブルウォール・メタルクラリネット/世界の主要音楽学校管打楽器教師一覧/連載:カゲヤマ博士の演奏心理学「オーディションへのアドバイス」/第14回東京音楽コンクール/第22回浜松国際管楽器フェスティバル/アーカイブ記事:ピエール・ピエルロ/他
421号
(2016年9月号)
ラデク・バボラークが語るモーツァルトのホルン協奏曲室内楽版の楽しみ/父・平尾貴四男とオーボエソナタ秘話:辻みさと/トロンボーン栗田雅勝:N響在籍27年を振り返る/サクソフォン住谷美帆:「展覧会の絵」で初リサイタル/パウエル・フルート新時代/トランペット多田将太郎:第8回東京音楽コンクール金管部門1位/G足部管フルートの可能性を探る/連載:カゲヤマ博士の演奏心理学「適性練習vs過剰練習」/セゲルケ・インタビュー:伊藤優美/NYリコリッシュアンサンブル/世界の主要オーケストラ管打楽器奏者一覧/アーカイブ記事/ディーター・クレッカー/他
420号
(2016年8月号)
メジャーオケ初の女性テューバ奏者:キャロル・ヤンシュ(フィラデルフィア管弦楽団)/超絶!セルゲイ・ナカリャコフ/フルート足部管の不思議な世界!:高野成之/アルバート・クーパーに聞く/バック・トロンボーンを語る:その歴史と人気モデルをレクチャー/ブラスト!で活躍:トランペット米所裕夢/日本の音楽大学管打楽器教師一覧/プラハの春トランペット部門報告/連載:カゲヤマ博士の演奏心理学「続・ツァイガルニク効果を活用しよう!」/フランツ・エッケルトの実像に迫る/アーカイブ記事:アントン・アレキサンダー/アルブレヒト・マイヤー講習会/他
419号
(2016年7月号)
ジャンルの壁を越えて活躍するイタリアのTrpの名手:アンドレア・トファネッリ/モーリス・ブルグ&若尾圭介:コンサートとCDで注目の共演/ビュッフェ・クランポンの伝説的名工:ロベール・カレとその時代/クラリネット亀井良信:フランスから帰国後12年を経て/プラハの春トランペット部門初入選:鶴田麻記/ラインホルト・フリードリッヒと楽しい仲間たち/2016年国内プロオーケストラ管打楽器奏者一覧/連載:カゲヤマ博士の演奏心理学「ツァイガルニク効果を活用しよう!」/約1世紀を経て日本で合体:奇跡のバソン/アーカイブ記事:ハーヴィ・フィリップス/他
418号
(2016年6月号)
クラリネット四戸世紀:僕がライスターから受け継いだ一番の財産/フィラデルフィア管弦楽団首席Trp:デイヴィッド・ビルジャー/ポール・エドモンド=デイヴィス:「28日間フルート・ウォームアップ」の著者に聞く/写真で見るコーン社の黄金時代/「職質楽師」宮本大路さんに聞く/連載:カゲヤマ博士の演奏心理学「成功のマイナス面と失敗のプラス面」/生みの親が語るバックーン・クラリネット:モーリー・バックーン/アーカイブ記事:デール・クレヴェンジャー/名古屋トロンボーン・フェスティバル/漆工芸&ヤナギサワSAX/ラプソディインブルーの真実/他
417号
(2016年5月号)
「鏡の国」のフルートの世界へのお誘い:高野成之/クラリネットのデイヴィッド・シフリン:ミュールフェルトのように自由に/連載最終回:ボビー・シューのトランペットクリニク「エアー・ピヴォットを使い分ける」/「Yamaha Clarinet Giftsコンサート」を前に:藤井一男、小倉清澄、ロバート・ボルショス/ミュンヘン国際コンクール特別賞受賞:フルート秋元万由子/連載:カゲヤマ博士の演奏心理学「音符が先か音楽が先か?」/ウィルソンの新製品「WillSAX」とサクソルンバス:露木薫/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団首席ファゴットD.ペーターゼン/他
416号
(2016年4月号)
フルート瀬尾和紀:師パトリック・ガロワと私の基本奏法/連載第2回:ボビー・シューのトランペットクリニク「唇の良い感触を得るための4つのステップ」/トロンボーンのスライドテクニック第2弾:萩谷克己/ホルン福川伸陽:新楽器で「ラプソディ・イン・ホルン」/ホルンのゲシュトップバルブを考える:濱永晋二/連載:カゲヤマ博士の演奏心理学「効率の良い練習」/名工が語るメーニッヒ:ルートヴィヒ・フランク/タイガー大越のトランペット語録/マルチリード楽器の世界:大下和人/ユーフォニアムとの違いを聴く:坂岡裕志/他
415号
(2016年3月号)
北村英治:100歳までのクラリネット人生/サクソフォンの熱血教授:池上政人/井手詩朗さんとホルン・マウスピースカップの大小を検証する/3回連載第1回:ボビー・シューのトランペットクリニク/NHK交響楽団首席クラリネット松本健司:2番奏者10年の経験を経て/第84回日本音楽コンクール優勝者の素顔:Cl部門1位=勝山大舗、イシュトヴァーン・コハーン、Tp部門1位=守岡未央/連載:カゲヤマ博士の演奏心理学「効果的な暗譜法」/4世紀にわたる金管楽器を吹き分ける:中村孝志/アーカイブ記事:D.A.ドワイヤー/他
414号
(2016年2月号)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団を語る:グスタボ・ヌニェス&ケルステン・マコール/座談会:ヴィヴィッド・ブラス・トーキョウの20年/N響トランペット佛坂咲千生:セカンド・トランペット奏者の財産/トロンボーンのスライドテクニックの基本を考える:田中宏史/ファゴット小山莉絵:室内楽でも活躍中/ドイツと中国で行われた注目のホルンイベント/連載:カゲヤマ博士の演奏心理学「トレーニング効率の違い」/ボブ・リーブスの新トロンボーンマウスピース/関西トランペット協会フェスティバル/ソフィー・ダルティガロング/他
413号
(2016年1月号)
日本フィル客演首席トランペット奏者オッタヴィアーノ・クリストーフォリ:イタリア金管界とシカゴスクールの意外な関係/第11回国際オーボエコンクール・軽井沢優勝:荒木奏美/ゼノトランペット25周年記念コンサートに向けて:早坂宏明×神代修/3次会に誘いたくなるバック:奥山泰三、佐藤友紀、砂川隆丈、本間千也/ディスカヴァリーユーフォニアム:小寺香奈/ステファン・ラベリに学んだ1年間:宮西純/新連載第3回:カゲヤマ博士の演奏心理学「ゆっくりした練習は本当に必要か?」/フランスの古楽オーケストラ最前線:根本雄伯/他
412号
(2015年12月号)
フランスの古楽オーケストラ最前線:ホルン根本雄伯/手作り大コンファレンスの凱歌:国際ダブルリードフェスティバル2015東京/ロンドン交響楽団首席フルート:ギャレス・デイヴィス/Newヤマハ・カスタムホルンYHR-869 を語る:井手詩朗/新連載第2回:カゲヤマ博士の演奏心理学「何時間練習すべきか?」/レジェール・オーボエリード開発の軌跡:G.レジェール&C.ハルトマン/F.A.ユーベルの遺産から生まれた新ベームクラリネット/バスTrb:森川元気/トランペット高橋敦のソロアルバム/Trpパシ・ピリネンの音大行脚/他
411号
(2015年11月号)
18才でロンドン交響楽団副首席トロンボーン奏者に:ピーター・ムーア/豊かな「バリトン」の世界:カトリーナ・マーセッラ/SaxOpen!:アルザスの古都で行われた過去最大規模のサックスの祭典/新連載第1回:カゲヤマ博士の演奏心理学「あがりの克服」/A&B♭管バセットクラリネットを持つ理由:十亀正司/R.ストルツマンVSイデミ・スギノ:クラリネットとスイーツ両名匠の共演/トレヴァー・ワイのカーニヴァルショー/ホルンの右手のポジションを考える(後編)/パイパーズ・アーカイブ:アンソニー・ジリオッティ(後編)/第32回日本管打楽器コンクール/他
410号
(2015年10月号)
ウィリアム・ベネット:「イン・チューン」で吹くことの大切さ/スパニッシュ・ブラス:長寿アンサンブルの秘訣/スイス発「SwingKids」の創始者:トランペット木元大/座談会:カスタム・ウインズ木管五重奏団「CDリリースとコンサートを前に」/名古屋フィル首席クラリネットR.ボルショスに聞く「Playnickマウスピース人気の理由」/ホルンの右手のポジションを考える:名教師8人はどう教えるか/チェジュ国際金管コンクール金管五重奏部門で1位/池田昭子クインテット/パイパーズ・アーカイブ:アンソニー・ジリオッティ(前編)/P.ベローと仲間たち/他
409号
(2015年9月号)
工藤重典:フルート生活50年を語る/師弟が奏でたハーモニー:M.ヘフス、辻本憲一、佐藤友紀/M.アリニョン&F.エオー対談:新しいクラリネットに出会う旅/近代フルート史の明暗:ベームからムーアの「Superflute」まで/東京藝大生が試奏したNewレゼルヴ&レゼルヴクラシック/私とセゲルケとの出会い:大島文子/パイパーズ・アーカイブ:ダニエル・デファイエ/サクソフォンの世界的コレクション探訪:柏貴夫さん/国内プロオーケストラ情報/ヴィンテージSAXの遊び方:ビュッフェ・クランポン「スーパーダイナクション」/フランス音楽アカデミーに参加して/他
408号
(2015年8月号)
エリック・オービエの日本プロジェクト:フランスTrp音楽院開講/栃本浩規のTrpこだわり対談:タンギングと大阪弁(ゲスト橋爪伴之)/バンドーレン・クラリネットマウスピース「M」モデルの生みの親:ドナルド・モンタナロ/サクソフォン福本信太郎:日本の吹奏楽の「現在」に立ち会う/新レゼルヴクラシックとの衝撃的な出会い:藤井一男/バジル・クリッツァーの「身体の響きを掴む!」/Trpアラン・カークス先生の元気なメッセージ/世界主要オーケストラ管打楽器奏者一覧/パイパーズ・アーカイブ:カール=ハインツ・ツェラー/BASUYAから見た世の中のバスフルート/他
407号
(2015年7月号)
ジャン=スランソワ・マドゥフ:ナチュラルトランペットへの道/アメリカ・テューバ界の名教師:ダニエル・ペラントーニ/マルチ楽器の帝王:ジェームス・モリソン/パスカル・モラゲスが語る「ディヴィンヌ」の魅力/座談会:アレキサンダーホルンアンサンブルジャパン/フルートの調整いらずのパッディング:植澤晴夫/ドイツクラリネットの名匠:ヘルベルト・ヴルリッツァー/第3回ゲント国際クラリネットコンクール/国内プロオーケストラ管打楽器メンバー一覧/ヴィンテージSAXの遊び方:50’sブッシャー・アカデミー/芸劇ウインドオーケストラ・アカデミー/他
406号
(2015年6月号)
ロサンゼルスフィル首席イングリッシュホルン奏者キャロリン・ホーヴ:イングリッシュホルン、その音色こそ私の声/対談「現在」のオーボエに思うこと:蠣崎耕三×広田智之/市販ユーフォニアム・マウスピースガイド!:最新トレンドから定番まで一挙紹介/バルブトロンボーン、じわり人気の兆し!/アンドレ・アンリがガイド:ストンビ・トランペットの世界/ジャック・ゾーンとポルトガルの製作者が開発:フルートのオートマチックC#システム/スティーブ・シャイアーズに聞くセバリンセンとのトランペット開発/バストランペットの話:ダンクヴァルト・シュミット/他
405号
(2015年5月号)
フィルハーモニア管弦楽団首席オーボエ:ゴードン・ハントに聞く第11回国際オーボエコンクール・軽井沢/トランペット上田じん:オーケストラ、吹奏楽、アンサンブルとマルチに活躍/女性オーボエのパイオニアの一人が語る「ローター・コッホが輝いていたベルリンへ」:瀬川(乃村)和子/セルマーの2つの新アルトを試奏する:宗貞啓二×大城正司/クラリネット対談「柔らかいリードを使う選択肢がなぜないの?」:荒井伸一×安川透/フランクフルト音大古楽器科でナチュラルホルンを学ぶ:広井明子/ヴィンテージSAXの遊び方:キング「スーパー20」/オークラウロ/他
404号
(2015年4月号)
元パリ音楽院教授ピエール=イヴ・アルトー:フランスの現代フルート史「秘話」/栃本浩規のトランペットこだわり対談:モネット・トランペットに学ぶ(ゲスト=亀島克敏)/クラリネット橋本眞介:バイカー橋本、クラリネットで翔る!/リード調整の新しい視点:「厚い」と「固い」を取り違えていませんか?/ヤナギサワWOテナーサクソフォンを試奏する:栃尾克樹/フルート南野香代子:トレヴァー・ワイとウィリアム・ベネットに学んだこと/ズーラシアンブラスの演奏会マネジメント法/シャーゲル大展示会/ヴィンテージSAXの遊び方:コーンCメロディサックス/他
403号
(2014年3月号)
踊るクラリネット:スウェーデンの21世紀型クラリネット奏者マルティン・フレスト/栃本浩規のTrpこだわり対談:マティアス・ヘフス氏を迎えて/循環呼吸の練習で楽器が確実にうまくなる:フルート斎藤和志/大阪フィルハーモニー交響楽団首席フルート上野博昭:名古屋芸大から大阪フィルまでの軌跡/ヤナギサワWOテナー:開発担当者に聞く/キンダーホルン導入のすすめ/集中連載:19世紀のトランペットの歴史(最終回)/ヴィンテージSAXの遊び方:ブッシャー「400」/クラリネット300年の歴史を凝縮した楽器づくり:ヨッヘン・セゲルケ/オーボエフェスティバル/他
402号
(2015年2月号)
ベルリンフィル首席ホルン:シュテファン・ドールによるホルンの基本奏法と楽器の話/クラリネット橋本杏奈:ロンドンの主要オケで客演首席として活躍中/トランペット高見信行:トランペットで体験した僕のドイツ/シルキー・トランペット対談:高橋敦×田中敏雄/ジャズオーボエからアジアへの「音旅」:tomoca/北ドイツ放送響首席トランペット:イエルーン・ベルワルツ/ポルチア国際金管コンクール・トランペット部門/イザベラ・カンピオンの演奏家のための運動療法/19世紀のトランペットの歴史/ヴィンテージSAXの遊び方:セルマー「マークVI」/ウィルソン祭/他
401号
(2015年1月号)
パリ・オペラ座管弦楽団首席フルート:カトリーヌ・カンタン「私の演奏哲学は動かないこと」/アドルフ・サックス国際コンクール2位:サクソフォン上野耕平/トロンボーンの基礎力の不足を考える:玉木優/テューバ&ユーフォニアム奏者:アーロン・ティンダル/栃本浩規のTrpこだわり対談:日本で一番バックに詳しい技術者を迎えて…飯塚丈人(後編)/ボブ・リーブス氏に聞く:バルブ・アライメントとは?/集中連載第8回:ロマン派のオーケストラで使われたトランペットの歴史/連載ヴィンテージSAXの遊び方:ヤマハYAS-62シリーズ/XOトロンボーンクァルテット/他
●351号〜400号

●1〜50号  ●51〜100号  ●101〜150号  ●151〜200号 
●201〜250号  ●251〜300号  ●301号〜350号  ●351号〜400号  ●401号〜



バックナンバー販売のご案内

 バックナンバーを販売しております。 在庫の有無に関しては、メールまたは電話にてパイパーズにお問い合わせください。 またパイパーズオンラインショップに表示されているバックナンバーは在庫があります。 どうぞそちらもご利用下さい。

送料は以下の通りです。
バックナンバー  1〜9冊  : 200円
         10冊以上 : 無料


記事コピーサービス

 バックナンバーの在庫がない場合に限り、ご希望の記事をコピーいたします。 1ページにつき¥100(税抜)、送料は実費(通常はクロネコDM便で発送=82円、ネコポス便(DM便より早い)をご希望の場合は185円)です。 記事コピーとバックナンバーを合わせてお送りする場合は、コピー枚数にかかわらず、バックナンバーの冊数に応じた送料が適用されます。

バックナンバー、記事コピーのご注文は下記の方法よりご注文下さい。
E-mail:order@pipers.co.jp
電話:03-5205-3666
FAX:03-5205-3667

定期購読のススメ

定期購読がお得で便利です!
毎月確実にお手元にお届けする定期購読は、貴重な情報や読み物を逃さず、しかも割安です。
また、定期購読期間中にパイパーズのオンラインショップをご利用の際には送料無料!
(ご注文の際は送料が表示されますが、ご請求またはクレジット引き落としの際に引かせていただきます)

PIPERS定期購読料金(送料・税込み)
1年間(12冊)・・・・・・¥9,720  (一冊当たり約810円)

お申し込み

御希望の購読期間と購読開始月、氏名・住所・電話番号(FAXも)を明記して下さい。
お電話、FAX、はがき等でのご注文もお受けします。

全国有名楽器店・大都市の主要店でも発売中。トーハンか日販(ニッパン)と取り引きのある書店なら、取り寄せも可能です。