TOP > パイパーズ > バックナンバー

雑誌PIPERSパイパーズのご案内 毎月20日発売・定価780円(税込)


バックナンバー 51?100号
●1?50号  ●51?100号  ●101?150号  ●151?200号 
●201?250号  ●251?300号  ●301号?350号  ●351号?400号  ●401号?  


100号
(1989年12月号)
ホーカン・ハーデンベルガー ソリストへの帝王学/ピエール-イブ・アルトー/リチャード・ウォラー/クラウス・トゥーネマン/狩猟ホルンのフェスティヴァル/ハンス・ルドルフ・シュタルダー/8台のティンパニのための協奏曲をN響百瀬氏が初演/楽器フェア’89/「日本吹奏楽発祥の地」記念碑が建立/ジャズCL日米対談 バディ・デフランコ×北村英治/他
99号
(1989年11月号)
ジョセフ・ロビンソン/フィリップ・スミス/磯部周平/森川道代/高橋真知子/ジョン・ウェッブ/第21回国際Hrシンポジウム/レオナルド・ファルコーニ国際Euphコンクール/野田燎コンサート/第18回国際ダブルリード学会世界大会/完訳・ケセン語訳「ペーターと狼」/東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマコース座談会:赤松憲樹、横川晴児、下地啓二、鴨井次郎/他
98号
(1989年10月号)
外山雄三/マイケル・コリンズ/ユージン・ルソー/第4回日本Flコンベンションin新潟/'89国際Trpコンファレンス/アンドレ・ジョネ追悼演奏会/第2回神戸国際Flコンクール/「ニジャエ一族」来日/パウル・フュペルリ/ペーターと狼ケセン語訳 山浦玄嗣/ヴァレンティーノ・ズッキアッティ/古代ゲルマンの管楽器「ルール」再現/バディ・デフランコ/他
97号
(1989年9月号)
ラリー・コムズ/ジル・ミリエール/クルト・マーン/ホン・ユンテク/ヴァーン・カガライス/チャイルズ兄弟/東京国際音楽コンクール室内楽部門/マルセル・モイーズ生誕百年記念演奏会/ラドヴァン・ブラトコヴィッチに見るトッププレイヤーの条件 守山光三/対談:甲斐道雄×酒井秀明/対談:雲井雅人×小串俊寿/追悼:アラン・シヴィル、ヘルベルト・ヴルリッツァー/他
96号
(1989年8月号)
霧生吉秀/デール・クレヴェンジャー/ボニタ・ボイド/ジャン=イヴ・フルモー/チラシ配りから見た音楽会/まなべ貞樹/第9回大阪SAXフェスティバル/浜田敏秋/救世軍NYスタッフバンド/ジャズとポピュラーのテューバ(後編)/第3回全日本大学オーケストラ大会座談会/ヴァーン・カガライス スライドテクニック上達のための20の秘訣(後編)/他
95号
(1989年7月号)
野口龍/ダニエル・ペラントーニ/上野信一/クロード・フォーコンプレ/セラミック楽器/京都大学OB交響楽団/シカゴ響ジェイコブスの後任はジーン・ポコーニ/ジャズとポピュラーのテューバ(前編)/ヴァーン・カガライス スライドテクニック上達のための20の秘訣(前編)/寄稿:偉大な師ジェフリー・ギルバートの横顔 小宮山美智恵/他
94号
(1989年6月号)
浜中浩一/マクサンス・ラリュー/カール・ヤイトラー/Flと能管の比較(後編)/日本Hr協会第1回Hrフェスティバル/第6回ドイツ音楽展/ソ連と日本の即興ミュージシャンが東京で共演/ミュンヘン二枚舌コンサート/オレ・エドワルド・アントンセン、ジェラール・メトレイエ/ホーカン・ハーデンベルガー/パリ国立音楽院座談会:堀江真理子、藤井洋子、佐久間由美子/他
93号
(1989年5月号)
白石孝子/藤田乙比古/加藤和美 ステマネが語る世界のオーケストラ/アンソニー・プログ/フルートと能管の比較(前編)/クリスピアン・スティール=パーキンス/日本Tp協会第6回Tpフェスティバル/第4回世界テューバ協会国際大会を札幌で/オーケストラ・フォーラム’89/Ob奏者の売り出し方にもの申す/上野の森ブラスアンサンブル編曲 織田英子/他
92号
(1989年4月号)
丸山盛三/ジャーヴェイズ・ド・パイアー/国際Tpコンクール奮戦記 島田俊雄、福田善亮、奥山泰三/福島和夫「冥」と私とフルーティスト達/阪口新コンサート/楽劇団「時々自動」/バックを選ぶ 対談:吉田憲司×大倉滋夫/ロビン・オニール(後編)/ベンジTrb対談 萩谷克己×箱山芳樹/カワイテューバを吹く 安元弘行/スイスに花咲く笛吹き達 宇田川杏奴/他
91号
(1989年3月号)
大倉滋夫/パリ・アーバン・ブラス/音の風景をデザイン 鳥越けい子/もぎり一筋50年 大村いね/有元ケース社長有本義隆/第2回アマチュア室内楽フェスティバル/東京文化会館vsサントリーホール/アンソニー・プログ/第2回モーリス・アンドレ国際コンクール/ロビン・オニール(前編)/白尾彰・師ジョネを語る/Fl音楽研究会第20回公開講座リポートを読んで/他
90号
(1989年2月号)
ディーター・フルーリー/岡本充代/北爪利世/パイパーズ版ヘビ笛考現学/第3回全日本大学オーケストラ大会/現代雅楽演奏グループKIRIK/現代のシャーマンたちの競演/箱山芳樹ベンジ試奏記/ジム・セルフ テューバクリニック講演録/ヤマハ・アトリエ東京/管楽器をつくる音響学 竹内明彦、山本義弘、河内晃/レオン・グーセンスの遺したもの(後編)成澤良一/他
89号
(1989年1月号)
フィリップ・ファーカス/ウィリアム・スカーレット/山形由美/イレーナ・グラフェナウアー/荒谷俊治/第5回日本管打楽器コンクール/第2回国際Obコンクール/梶吉宏/東京ホルンサミット/ライプツィヒ打楽器通信/音楽文化資料保存を考える/M.ベッケの状況と話題/Fl音楽研究会第20回公開講座/レオン・グーセンスの遺したもの(前編)/ゲッツェン工場探訪/他
88号
(1988年12月号)
ミシェル・ズーコフスキー/トーマス・スティーヴンス/湯川和雄/島田俊雄/藤井一男/「自粛」を考える/神代修/都内にできるホール情報/第16回全米Fl協会コンベンションに参加して 佐々木親綱/東京トロンボーン四重奏団 韓国演奏旅行記/オルガニスト小林英之/ヤマハ・カスタム・トランペット/ロンドン・フィルメンバーと使用楽器/他
87号
(1988年11月号)
ロジャー・ボボ/笠井潔/ジョン・ウォーレス/デヴィット・サーシー/第2回日本Clコンクール/ジャーマンブラス/ラルフ・サウワー クリニック&コンサート/初の国際Flシンポジウム/アマチュアブラス欧州公演記/ベンジTrb試奏記 萩谷克己/第9回ワールドSaxコングレンスin川崎奮戦記 冨岡和男、宗貞啓二、松沢増保/グローバル管楽器技術学校/ヤマハ・マリンバ/他
86号
(1988年10月号)
小泉剛/水野信行/ジルベール・オダン/第9回ワールドSaxコングレス/アドルフ・ハーセス/第16回全国アマチュアオーケストラフェスティバル/太鼓館/韓国楽器店訪問記/八尾健介の昭和音大ユーフォ・テューバクラス/吉沢実アデージュ試奏記/日本のオーケストラの財政事情2 給料編/管楽器教育におけるウインドシンセの活用法/ヤマハカスタムホルン/他
85号
(1988年9月号)
清水信貴/中国Fg教育事情/第3回全日本大学オケ大会の展望(後編)/ロンドンブラス/ザ・ウッズ/ストラスブール打楽器合奏団/国際Trbシンポジウム/日本Hr協会設立/村松商店/シナウィ合奏、カンテーファン・トリオ/日本のオケの財政事情1/金管輸入楽譜バイヤーズガイド&座談会/ヤマハカスタムSax/追悼・大室勇一/テオバルト・ベーム再考(後編)榎田雅祥/他
84号
(1988年8月号)
チャールズ・ナイディッヒ/呉信一/第3回全日本大学オケ大会の展望(前編)/Percフェス/第8回普門バンドフェス/日本吹奏楽指導者クリニック/国立音大+ミシガン大打楽器アンサンブル/Saxの気流をさぐる/カール・エールベルガー/ベンジTp対談 熊谷仁士×森重修実/テオバルト・ベーム再考(前編)榎田雅祥/ヤマハカスタムSax/他
83号
(1988年7月号)
糸井正博/チャンドラー・ゲッティング/元祖バリテューバの仕掛人 ウィンストン・モリス/マンフレッド・クレメント/近藤孝司/マイスターブラス・カルテット吉田太美男/ハンス=ディーター・レンベンス/デール・クレヴェンジャー指揮者デビュー/第2回Trbフェスティバル/カザルスホール/宗貞啓二の昭和音大Saxクラス/ヤマハカスタムOb/他
82号
(1988年6月号)
モダンフルート・発展と進歩の歴史は幻想か? 榎田雅祥/井上敬三/後藤文夫/杉木峯夫(後編)/ニコレのレクチャーコンサート/平井常哉クラリネット探訪 イタリー、ベルギーの旅から/バックTrb特集 古賀慎治、守山英樹/ジャーマンブラス来日を前に エンリケ・クレスポ/’89英国Trbワークショップを前に サイモン・ウィルス/ヤマハ・ティンパニTP-700/他
81号
(1988年5月号)
ロルフ・スメドヴィック/フルーティスト対談:三村園子×佐佐木佐/ラドヴァン・ブラトコヴィッチ/杉木峯夫(前編)/早坂紗知/アービー・グリーン来日クリニック&コンサート/第5回トランペットフェスティバル/第9回ワールドSaxコングレスを前にして/マルチン・ヴェーゲラー/打楽器セクションの舞台裏1 ケルン放送交響楽団/ヤマハハンドメイドフルート/他
80号
(1988年4月号)
フロイド・クーリー/ヘルベルト・ヴルリッツァー/ラースロー・ホルヴァート/スローカーTrb四重奏団/オルフェウス室内管弦楽団/マルクス・シュトックハウゼン/トーキョー・ミュージック・ジョイ/フルーティスト鼎談:江藤大二、谷峰忠雄、佐佐木佐/全日本大学オケコンクール雑感 保科洋/ヤマハカスタムCl/今こそオーケストラ・スタディを! 中川良平/他
79号
(1988年3月号)
フルーティスト対談C:工藤重典×佐佐木佐(後編)/フレデリック・ヘムケ/ジョン・ゾーン/ニューワールドシンフォニー/英室内管弦楽団アンサンブルクリニック/ボストンポップスTrbセクション/米国Tp博物館/新潟第2回ホルンの集い/ドク・セヴェリンセン/1時間でできる太鼓の作り方 テイバー、ネイカー編 田中司/ヤマハカスタムTrb/他
78号
(1988年2月号)
フルーティスト対談C:工藤重典×佐佐木佐(前編)/サムルノリ金徳洙/秋山義人が見たフルート界/バリー・タックウェル来日コンサート/ワールド・フィルハーモニック/全日本大学オーケストラコンクール/ネロ楽器・吉田社長のライカコレクション/ロジェ・デルモット/ヤマハ・ファゴット物語(後編)/追悼・ジョン・フレッチャー/他
77号
(1988年1月号)
フルーティスト対談B:林リリ子を偲ぶ(後編)林光、峰岸壮一、佐佐木佐/ズデニェク・ティルシャル/国立音大楽器資料館・郡司すみ教授/ヤマハファゴット物語(前編)/レディスオーケストラ/バイロイトHr軍団日独交歓会/岡田知之打楽器合奏団/第4回日本管打楽器コンクール各部門審査委員に聞く/フルート四重奏団セシリア/ギー・トゥーブロン/他
76号
(1987年12月号)
フルーティスト対談B:林リリ子を偲ぶ(前編)座談会:林光、峰岸壮一、佐佐木佐/ディーター・クレッカー/城戸夕果/ジョン・マック Obリード作りの基本/山口浩一/古楽奏者デイヴィッド・ハッチャー/西独Tp博物館/蘇った東京芸大奏楽堂/志賀高原スケッチ大会/ハリー・スパルネイ/国立音楽大学ニュータイドジャズオーケストラ/'87楽器フェア/他
75号
(1987年11月号)
パリ・トロンボーン四重奏団/ステージ衣装を考える 梅原久沙永、圓城三花/フルーティスト対談 奥好寛×佐佐木佐(後編)/永野哲/拡声器騒音を考える会/エディー・ダニエルス/コーラスラインのマルチ奏者たち/西独こどもの音楽使節団を聴いて 守山光三/ファルコーニ・コンクール入賞の記深石宗太郎/龍角散ヤトロン管弦楽団/東京吹奏楽団/他
74号
(1987年10月号)
神谷敏/フルーティスト対談2 奥好寛×佐佐木佐(前編)/茂木大輔/カール・ライスター/僕が出会ったホルンと銘器クルスペ(後編)安原正幸/ガムランを語る 田村史/第一勧銀オケ/第3回Flコンベンションin神戸/第9回SAXフェスティバル/'87国際Clコンファレンスに参加して 平井常哉/第3回セルマー・ミュージックキャンプ/他
73号
(1987年9月号)
僕が出会ったホルンと銘器クルスペ(前編)安原正幸/中島大臣/ヤマハ木管五重奏団/古賀慎治/フルーティスト対談1 細川順三×佐佐木佐(後編)/アレキ・ユニバーサルダブルホルン 千葉馨、安原正幸/Flオーケストラの領域を拓く 対談:播博×青木明/生島繁のフランス通信/Percフェスティバル'87/日本のオケ定期演奏会を調べてみると/他
72号
(1987年8月号)
フルーティスト対談1 細川順三×佐佐木佐(前編)/レオナード・シャロー×中川良平(後編)/森田利明 ヤマハバンド/?廷鉉 韓国オーケストラ事情/野口力/M.アリニョン フェスティバルを語る/クリスティアン・ダヴィドソン/ヤマハ木管五重奏団/Obリード講座(後編)柴山洋/合衆国空軍バンド/Clフェスティバル'87/日本で発見された19世紀のCl協奏曲/他
71号
(1987年7月号)
第4回管打コン審査員特別座談会/対談:レオナード・シャロー×中川良平(中編)/佐藤英彦/勝俣敬二 バロック音楽を「踊る」!/ヤマハ・ドイツベーム・クラリネット/Obリード講座(前編)柴山洋/森正氏逝く/ロナルド・バロン オーディション実践講座/第7回普門バンドフェスティバル/日本吹奏楽指導者クリニックin合歓/浩宮殿下のヴィオラの実力/他
70号
(1987年6月号)
ハードウェアの時代は過ぎた Fl鼎談:佐佐木佐、増永弘昭、篠原猛/対談:レオナード・シャロー×中川良平(前編)/北ドイツ放送響ホルン アド・コスター、クヌート・ハッセルマン/四戸世紀/ちょっと気になる音楽著作権の話/Obリード対談2 小畑善昭×杉浦直基/不思議打楽器の世界/第1回トロンボーンフェスティバル/石森管楽器専門店/他
69号
(1987年5月号)
座談会:P.シュミードル、R.エールベルカー、A.エールベルガー/ベルナール・スーストロ/村井祐児/ローラント・アルトマン/ツィンク奏者濱田芳道/オーボエリード対談1 小畑善昭×杉浦直基/夏木フルート製作所/ピアノと木管五重奏団織笛/ニュルンベルクテューバ日記 稲田達雄/ルドルフ・ヨーゼルのジャズナイト/石森管楽器専門店/他
68号
(1987年4月号)
ベルリンフィル首席Flアンドレアス・ブラウ/千葉馨 勇気をもって危険をおかせ!/近藤健一 わが師フォーグラー、そしてティンパニのこと/オーケストラテューバのはなし 戸坂恭毅/英国スタイルの金管バンドの歴史と展望 トム・エイトケン/東京トロンボーン四重奏団/群馬ホルンクラブ/マリンバ安倍圭子/音楽専門古書店 古賀書店/他
67号
(1987年3月号)
ヴィンコ・グロボカール/ボリビア棒振り物語 神宮章/シュテパン・トゥルノフスキー/管楽器と声帯の大発見(後編)峰岸壮一、向井将/ヤマハアトリエ/管楽器と歯(後編)/Timpマレットはこう選べ/パメラ・ウェストン公開講座/フランス金管イレブン&バッハ管弦楽演奏会/大学オケ・サントリーホール狂騒曲/北爪利世室内楽演奏会/東京コルネット・サクバット・アンサンブル/他
66号
(1987年2月号)
ハーヴィ・フィリップス(後編)/アリフェ=グルセン・タトゥ/ペーター・サドロ/「管楽器と声帯」の大発見(前編)峰岸壮一、向井将/バンドーレンSAXマウスピースガイド 冨岡和男、赤松二郎/管楽器と歯(前編)/山本正人さん逝く/トーキンファイブ/管楽器の下取りと中古市場/エドワード・タールのTp講座/第8回SAXフェスティバル/他
65号
(1987年1月号)
ハーヴィ・フィリップス(前編)/西独オケ事情 山本雅章/呼吸後進国か?ニッポン2 小倉貞行、加古勉、長谷川真澄/Hr 世界と日本との距離 守山光三×吉田邦生/A.マリオンと新開発Fl/吹奏楽コンに見るクラシックのバンド化/岡田知之打楽器教室の手作り打楽器/40?50万円Ob総登場/モーリス・アンドレ公開講座/第3回管打コン/日本Trb協会始動!/他
64号
(1986年12月号)
アラン・シヴィル/佐佐木佐/ニールス・ラルジュ/呼吸後進国か?ニッポン1 小倉貞行、加古勉、長谷川真澄/複合新素材コンポ・ティンパニヘッド開発記/吹奏楽コン審査員県別一覧/第55回日本音コンCl部門/ミュンヘン国際コンクールTp部門/ギイ・トゥーヴロンの公開講座/全日本吹奏楽コン/ヴィブラートは喉で作られる/エリック・ティルベルガー来日/他
63号
(1986年11月号)
レニングラードフィルトロンボーンズ/宮本文昭/横浜Cl合奏団/ハンス・クロイル、ベルント・モースマン/ジュネーブClコンクール/遊べる笛ガイド 守安功×菅原大輔/英国の金管楽器教育/JETA第2回志賀サマーキャンプ/ジェームズ・ワトソンマスタークラス/第1回国際Clフェス/全米FLコンベンション/小山清とお弟子さんの会/日本学校ジャズ教育協会/他
62号
(1986年10月号)
北村英治/アレキサンダー社の歴史と楽器(後編)/ウィリアム・ベネット/中川昌三/スクールバンドチューニング法 石崎一夫/吹奏楽雑感 熊田為宏/バンドーレンClマウスピースガイド 生島繁/誰にでもできるOb合成リード 本間正史/ウィンナモデル開発のロマンと辛酸(後編)/佐久間由美子/李正剛/横浜の小コンサート会場探訪/他
61号
(1986年9月号)
アレキサンダー社の歴史と楽器(前編)/ベニー・グッドマン その偉大な軌跡(後編)/Flを学ぶということ 対談:甲斐道雄×西田直孝/Tp沖至のオブジェ/ウィンナモデル開発のロマンと辛酸(中編)/小倉貞行の呼吸法講座/追悼・佐藤倉平さん/ワルター・ボイケンズ/中山冨士雄氏定年退官を祝う/'86 Hrフェスティバルin東京/'86 ITECに参加して 早川潔/他
60号
(1986年8月号)
スティーヴン・バーンズ/ユーフォってなんだ!? 山本訓久/トラヴェルソ 田中潤一/追悼記念ベニー・グッドマン(前編)/クロード・ゴードン呼吸法講座/ウィンナモデル開発のロマンと辛酸(前編)/笛の鳴る不思議 松本公博/シンバル講座 今村三明/マテキフルート/アルモSAXアンサンブル/ITEC/マーク・マクダン来日/ローランド・スモール公開講座/他
59号
(1986年7月号)
ジム・セルフ/レシタル試奏対談:鈴木良昭、千葉理/F.フェネルを囲んで/リコーダー金子健治/バロックをとりまく昨今音楽状況/ミヒャエル・ド・ルー(後編)/J.ペラライトの実践Fl講座/世界の金管カタログ検証/幻のバセットCl 森田利明、玉生雅男/ウルスラ・メンツェル/ノード・ストロボクロマチックチューナーの利用法/Obリードとは何か 安原理喜/他
58号
(1986年6月号)
ペーター・ダムとのモーツァルト協奏曲全曲演奏会を終えて 門良一/大友太郎/杉木峯夫/小山清/ボストン響Trbセクション座談会2/ミヒャエル・ド・ルー(前編)/A.ジェイコブス/パール楽器製造(株)/南仏リード材栽培農園/日本製ウィンナオーボエ/A管ツィンク練習法 宮田一志/ジム・セルフ・クリニック/BBEオーディオシグナルプロフェッサー試聴座談会/他
57号
(1986年5月号)
ボストン響Trbセクション座談会1/西田直孝/ペーター・ダム/小畑善昭/ツィンク・宮田一志 /村松フルート製作所(後編)/楽隊出身マネージャー奮闘録 西江行雄/坂井俊博/奏法以前のティンパニ講座 白石元一郎、清水由喜男/第3回日本Tpフェスティバル/ジェームズ・セルフが来日する/北爪利世 オーケストラ生活にピリオド/他
56号
(1986年4月号)
リチャード・ストルツマン/甲斐道雄/多戸幾久三/山本真/守安功 リコーダーと日本の笛/村松フルート製作所(前編)/オカリーナ物語/コーン社110年の歴史(後編)/ハリー・ジェームス伝/奏法以前のティンパニ講座 白石元一郎/ヨーロッパ留学体験を語る現地座談会(後編)/エア欠症候群 その症状と病理/君のObリードを写真診断 高橋勇美/他
55号
(1986年3月号)
中山早苗/佐藤潔/武藤賢一郎/中世・ルネサンス音楽の魅力 松本雅隆/指笛音楽創始者 田村大三/ヘルマン・バウマンの肖像/日本楽器製造株式会社/山本英助/奏法以前のティンパニ講座/コーン社110年の歴史(前編)/カール・リーチ 師C.ゴードンを語る/欧留学体験を語る現地座談会(前編)茂木大輔他/東京バスーンカルテット/他
54号
(1986年2月号)
ローラント・コヴァーチ/リコーダー日比健治郎/明田川荘之/宮澤フルート製造株式会社/芦田ヤスシ/合理的なObリード作り 高橋勇美/クラウド・ゴードン 恩師H.クラークの回想/雲井雅人SAX講座/国立音大楽器室ルポ/吉永雅人/エヴァン・パーカー、コンラッド・バウアー/ヴァン・ドリアン・八村義夫追悼特別演奏会/中世・ルネサンス古楽集団の競演/他
53号
(1986年1月号)
ミシェル・ベッケ/マネー座談会 喜多原和人、箱山芳樹、伊波睦/中野真理/三響フルート製作所/合理的なObリード作りA高橋勇美/Fgリード この不条理なるもの 松崎義一郎/実践的アナリーゼ講座 熊田為宏/JETA発足/日独金管族交歓パーティ/東西サックスQRの協演/第2回日本管打楽器コンクール/ジャズアンサンブルクリニック/他
52号
(1985年12月号)
国内オーケストラ賃金などの実態/合理的なオーボエリード作り@高橋勇美/アーサー・プライアー物語A/Clリードの作り方と調整法 芦田修次/実践的アナリーゼ講座 熊田為宏/コンラッド・バウアー/ウェリントン・シタデル・バンド/第1回国際Obコンクール/山野ビッグバンドジャズコンテスト/関西ステューデントジャズフェス/ある古楽合奏団の姿勢/他
51号
(1985年11月号)
佐藤哲夫/山口恭範/ギイ・ドゥプリュ/ブライアン・ポラード/アーサー・プライアー物語/Clリードの作り方と調整法A芦田修次/合理的なObリード作り@高橋勇美/実践的アナリーゼ講座 熊田為宏/ペギー・ヘインケル/サミュエル・ピラフィアンクリニク/ミシェル・ルティエック/中川良平と東京バスーン四重奏団訪米記/フルート音楽研究会/他
●1〜50号

●1〜50号  ●51〜100号  ●101〜150号  ●151〜200号 
●201〜250号  ●251〜300号  ●301号〜350号  ●351号〜400号  ●401号〜



バックナンバー販売のご案内

 バックナンバーを販売しております。 在庫の有無に関しては、メールまたは電話にてパイパーズにお問い合わせください。 またパイパーズオンラインショップに表示されているバックナンバーは在庫があります。 どうぞそちらもご利用下さい。

送料は以下の通りです。
バックナンバー  1〜9冊  : 200円
         10冊以上 : 無料


記事コピーサービス

 バックナンバーの在庫がない場合に限り、ご希望の記事をコピーいたします。 1ページにつき¥100(税抜)、送料は実費(通常はクロネコDM便で発送=82円、ネコポス便(DM便より早い)をご希望の場合は185円)です。 記事コピーとバックナンバーを合わせてお送りする場合は、コピー枚数にかかわらず、バックナンバーの冊数に応じた送料が適用されます。

バックナンバー、記事コピーのご注文は下記の方法よりご注文下さい。
E-mail:order@pipers.co.jp
電話:03-5205-3666
FAX:03-5205-3667

定期購読のススメ

定期購読がお得で便利です!
毎月確実にお手元にお届けする定期購読は、貴重な情報や読み物を逃さず、しかも割安です。
また、定期購読期間中にパイパーズのオンラインショップをご利用の際には送料無料!
(ご注文の際は送料が表示されますが、ご請求またはクレジット引き落としの際に引かせていただきます)

PIPERS定期購読料金(送料・税込み)
1年間(12冊)・・・・・・¥9,720  (一冊当たり約810円)

お申し込み

御希望の購読期間と購読開始月、氏名・住所・電話番号(FAXも)を明記して下さい。
お電話、FAX、はがき等でのご注文もお受けします。

全国有名楽器店・大都市の主要店でも発売中。トーハンか日販(ニッパン)と取り引きのある書店なら、取り寄せも可能です。