TOP > パイパーズ > バックナンバー

雑誌PIPERSパイパーズのご案内 毎月20日発売


バックナンバー 151号〜200号

●1〜50号  ●51〜100号  ●101〜150号  ●151〜200号 
●201〜250号  ●251〜300号  ●301号〜350号  ●351号〜400号  ●401号〜


200号
(1998年4月号)
ベルリン・ドイツ・オペラ首席オーボエ奏者:渡辺克也/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席クラリネット奏者:ヴェンツェル・フックス/NHK交響楽団トランペット奏者:栃本浩規/東京バッハバンド1997座談会(前編)/ベルリンドイツオペラ トロンボーン・セクション/J・ハイドンのクラリネット協奏曲/低音金管コンクール(フランス・ゲービルル)/パリ・シャンゼリゼ管楽合奏団/サクシデア/他
199号
(1998年3月号)
追悼特集:トランペット中山富士雄氏逝く/名教師コンラッド・クレームが語る・アレキサンダーテクニックと私のフルートレッスン(後編・実践編)/フィルハーモニア管弦楽団首席オーボエ奏者:ゴードン・ハント/コロラド交響楽団首席クラリネット奏者:ビル・ジャクソン/フルート奏者:前田綾子/異色対談:保良徹vs浜中浩一/辻井富造伝・第4回(最終回)平井常哉/葦に含まれる抽出成分がリードの品質に与える影響・小幡谷英一/他
198号
(1998年2月号)
木管ベームフルートにまつわる数々の誤解・細川順三/コンラッド・クレーム・アレキサンダーテクニックと私のフルートレッスン(前編・インタビュー編)/吹奏楽のホルンパートを語る・上原宏/トロンボーンマウスピース全ガイド/辻井富造伝・第3回・平井常哉/シューベルトのトロンボーン/第14回日本管打楽器コンクール結果/オペラ歌手から見たドイツの劇場・前多孝一、森川一/他
197号
(1998年1月号)
ティンパニから見たドイツの音と音楽・宮崎泰二郎/審査をめぐるこれだけの疑問・ジャン=ピエール・マテ/心と体の脱力とフルートの技・岩花秀文/第5回国際オーボエコンクール東京/辻井富造伝・第2回・平井常哉/ハンミッヒ・フルート、ブランド迷路の案内図/第2回フルートコンクールびわ湖/追悼・サクソフォン阪口先生の思い出:石渡悠史/パリトロンボーン四重奏団/他
196号
(1997年12月号)
「新響」初代首席クラリネット奏者・辻井富造伝・第1回/ミュンヘンフィル首席ホルン奏者:ラデク・バボラク/サクソフォン:平野公崇・「選んだリードが使えない!」から始まった僕のパリ留学/ファゴットは吹奏楽の日陰者か?金崎守/ミュンヘン国際コンクール打楽器部門最高位・池上秀樹/バッハ・カンタータ143番攻略法・島田俊雄/東京バッハバンド音楽監督・中川良平氏に聞く/他
195号
(1997年11月号)
ボストン交響楽団首席フルート奏者:ジャック・ゾーン/ウィンナーホルンがホルン生活を楽しくする!対談:会田省三×山西龍郎/ニューヨークフィル首席トランペット奏者:フィリップ・スミス/バロック・ファゴットからヘッケル式までの「ミッシングリング」を探る・田中雅仁/ウィンナーテューバ160年の歴史/匿名座談会1:学校バンドの「根っこ」は病んでいる?/他
194号
(1997年10月号)
エマニュエル・パユ/キース・アンダーウッドの呼吸法講座/原ひとみ/第4回神戸国際フルートコンクール/ハロルド・ナッシュ/国際クラリネット協会世界大会 リポート=板倉康明/第2回国際女性ブラスカンファレンス リポート=三浦郁子/ラース・ミヒャエル・シュトランスキー/トゥーロン国際クラリネットコンクール3位 松本健司/第3回浜松国際管楽器アカデミー/他
193号
(1997年9月号)
東京佼成ウインドオーケストラ首席トランペット・久保義一/金管マウスピースを選ぶ前に・・・萩谷克己vs竹浦泰二朗/谷口英治/米メジャーオケ初の日本人金管奏者・山本浩一郎(後編)/デヴィッド・ワルター&パスカル・モラゲス/「ハルモニー」の歴史 田中雅仁/ユルゲンのウィーン引っ越し挑戦記 山本雅章/モラゲス3兄弟と木管五重奏団/宮崎泰二郎/他
192号
(1997年8月号)
米メジャーオケ初の日本人金管奏者・山本浩一郎(前編)/ケニス・スミス マーク・ヴァン・デ・ウィール ロビン・オニール/雲井雅人/アントワーヌ・クルトワ社/金管楽器国際ワークショップ リポート=石橋美奈子/B.モースマンの新製品2機種を語る/ホーカン・ハーデンベルガー/ミ・ベモルサクソフォンアンサンブル/ハンス・ガンシュ/他
191号
(1997年7月号)
スタジオトランペットの第一人者・数原晋/フランク・ロイド/ロバート・ディック たった30秒で即興演奏の扉が開く/ワイマールリポート=似鳥健彦/中国トランペット界の過去と現在(3)王陽/金管楽器を吹くときの口内容積は音に影響するか? 山岡潤/キ・モワ/ディミトリ・アシュケナージ/イングリット・ジャンセン/他
190号
(1997年6月号)
クラリネット奏者・ジュリアード音楽院講師 大島文子/オーボエ・辻功/ケリー・ターナー 3番ホルンを吹く人のために/フランス・バソンの未来 ジルベール・オダン/中国トランペット界の過去と現在(2)王陽/19世紀の管楽レパートリーを考える ヤープ・フランク/外囿祥一郎/波多江史朗/モマン・ミュジコーの競演/他
189号
(1997年5月号)
読売日本交響楽団ホルン奏者 丸山勉/中川英二郎 ジャズ界最年少スターの「その後」/松田浩美 広響ライブラリアン北米留学記/中国トランペット界の過去と現在(1)王陽/誰にでも出来るフルートの健康診断 ジェイムズ・フェラン/最新パリCl事情 野田祐介/ソリッド・ブラス/アルモ・サクソフォン・クァルテット/東京ファゴッティアーデに注目!/他
188号
(1997年4月号)
ドイツ・トランペット徹底ガイド 吉田太美男/「ソラス」作曲者 スタンレイ・フリードマン/札幌交響楽団首席フルート奏者 森圭吾/「腹式呼吸法」の嘘 萩谷克己vs竹浦泰次朗/広島交響楽団クラリネット奏者 橋本眞介/九州交響楽団テューバ奏者 鈴木浩二/オブロー・クラリネットアンサンブル/中国からトランペット留学 王陽/他
187号
(1997年3月号)
萩谷克己vs竹浦泰次朗 ハーバート・クラーク式タンギング養成法/徹底比較!フルート・デザイン図鑑/ジャズトランペット 外山喜雄/チェンバロ製作のパイオニア・堀榮蔵/赤坂達三/ジャック・モージェ/マルテ・ブルバ金管メソド カール・ハインツ・ハルダー/グループ・ドゥーズ・サックス/オレグ・フディアコフ/ルイジ・マジストレッリ/他
186号
(1997年2月号)
新春特別インタビュー オーレル・ニコレ/クロード・ドラングル「サクソフォンの現在」/スローカー50年の成功の半生/リコーダー界の新星!ダン・ラウリン/名古屋芸大クラリネット助教授 竹内雅一/スイスの名門テューバ工房探訪記/ヒルスブルナー社工房潜入記(2)/Fフェネル桂冠指揮者就任記念演奏会/宮本文昭/オットー・ザウター/他
185号
(1997年1月号)
ミラン・トゥルコビッチ/内山洋/BURKARTフルートを語る/第13回日本管打コン/MIDI音源によるカラオケCD 守山英樹/平野公崇/留学生座談会・Mアリニョンクラス/ヒルスブルナー社工房潜入記(1)/ジュネーブ国際コンクール/マルクノイキルヒェン国際コンクール・ナルボンヌ国際金管五重奏コンクール/高橋敦/村瀬秀美/ブダペストフェスティバル・ホルンQT/他
184号
(1996年12月号)
三響フルート製作所/クラリネット奏者 藤井一男/SUPER CHOPSをめぐって 対談:萩谷克己×竹浦泰次朗 アンブシュアの内と外/話題のVIVACEを語る 茂木大輔/金管楽器の名門工房「クルスペ」の歴史と現在/アマチュアブラスアンサンブルの祭典in山形 山本陽史/イェンズ・リンデマン/菊池香苗/ウィーン・東京トランペットコアー/他
183号
(1996年11月号)
ジャン=クロード・ジェラール/山本洋志/キース・アンダーウッド/Clリガチャー徹底試奏!小倉清澄/管楽器レコーディングの現場 小貝俊一/バソンとファゴットの会/ブライアン・ボーマン来日/第2回浜松国際管楽器アカデミー&フェスティバル/マリー=ルイーズ・ノイネッカー/エディ・ダニエルズの日本初クリニック再現/Tub杉山淳のコンピュータネットワーク/他
182号
(1996年10月号)
ボストン響首席チャールズ・シュリューター/ベルリンフィル・バスTrbジークフリート・チースリク/Fg杉本暁史/吉成行蔵・東京放送管弦楽団回想/フレッド・ミルズ/96国際クラリネットフェスティバルinパリ/ゴリツキーObクリニック/フェリックス・レングリ/40代Flアンサンブルの仕掛人 大代啓二/国産ヨーゼフOb 仲村幸夫/他
181号
(1996年9月号)
若尾圭介/ヘッケルはこうして受け継がれた!小野雅紀/ブヤノフスキーとペテルスブルクのHr奏者たち 古野淳/ウォーレスコレクション、ヴィクトリア時代のブラスバンドを復元 田中成和/アンケート:Cl奏者にとってのリード 小幡谷英一/国際ダブルリード協会世界大会/第26回国際Trbフェスティバル/グロート、クレッツァーのクリニック/ヘルマン・ボイマー/F.プルチーニ/他
180号
(1996年8月号)
飯塚一郎/マルク・グローウェルス/渡部大三郎/トーマス・ロバーテロ/田場英子/リードメイキングマシーンの第一人者クニーベルト・ミヒェル/世界の金管楽器のホームページを覗いてみた! 福島ショーン/座談会:中川良平の室内楽講座in Sendai/クラリネット・アヴァンギャルド入門 板倉康明/Trbスローカー氏の世界初演/東芝オーケストラの米国演奏旅行記/他
179号
(1996年7月号)
リチャード・ウッドハムズ/佐川聖二/アレッサンドロ・カルボナーレ/デファイエの系譜 荒木浩一/リヴィユ・ヴァルコル/「レッチェ」の職人精神に感動! 対談:萩谷克己×藤本勇二/サム・ピラフィアン/素人楽器製作家:故・市川昇/Saxアヴァンギャルド入門 斉藤貴志/19世紀フルートに学ぶ(最終回)ヤープ・フランク/第1回ダブルリードフェスティバル/他
178号
(1996年6月号)
トロッシンゲン国立音楽大学Fg科教授 小山昭雄/工房探訪・パールフルート/小倉清澄デビューCDを語る/バーバラ・バトラー、チャールズ・ガイヤー夫妻/ハバネラ・サクソフォン四重奏団/中川良平「東京バッハバンド」96公演/ティエリー・カンス/Trpアヴァンギャルド入門 曽我部清典/19世紀フルートに学ぶ(3)ヤープ・フランク/他
179号
(1996年5月号)
武満徹「Air」を語る 植村泰一/トーンマイスター平井義也(2)/マンハッタンジャズオーケストラ/村田厚生リサイタル/日本のバンド教育に直言:浜中浩一×稲垣征夫/19世紀フルートに学ぶ(2)ヤープ・フランク/「ピッチセンター」の重要性 Tp製作家:デイヴィッド・モネット/Trbアヴァンギャルド入門 村田厚生/蘇った戦前日本の名行進曲 郡修彦/他
176号
(1996年4月号)
宮下宣子/トーンマイスター平井義也(1)/彦坂眞一郎/村井祐児が「飛んだ!」ジャズコンサート/曽我部清典リサイタル/製品ガイド・チューナー/19世紀フルートに学ぶ(1)ヤープ・フランク/オーレル・ニコレ70歳誕生日ガラコンサート/ホルン作りに挑戦した彫刻家 山上れい/パウエル新製品「オーラマイト」フルート3100 試奏:高野成之/他
175号
(1996年3月号)
フランソワ・ルルー/寺本義明/「伊福部昭の世界」にゴジラ乱入!/ヤン・ガルバレク/幡野武/市販Tpミュート体当たり一本評価!中島寛人/ミュンヘンコンクール検証/ミュンヘンコンクールTrb部門を聴いて トマス・ホルヒ/シュトゥットガルト放送交響楽団・東欧ジグザグ道中記 山本雅章(2)/楽譜浄書職人:澤井正男/第7回世界吹奏楽大会を音で追体験 西江行雄/他
174号
(1996年2月号)
Trbから指揮者へ 本名徹二/立花千春/工房探訪・マテキフルート 渡邊茂/インターナショナル・トロンボーン・サミット/ブラシッシモ・ウィーン/第12回日本管打楽器コンクール/バスクラリネット対談:木村牧麻×佐藤房子/スイスの「笛吹き達」三上秀則/シュトゥットガルト放送交響楽団・東欧ジグザグ道中記 山本雅章(1)/他
173号
(1996年1月号)
日本の情報は駅のKIOSKだ 持田洋/トレヴァー・ワイのフルートの世界/Trpウヴェ・コミシュケ/コンクール連続1位 原田綾子/歌うコルネット デイヴィッド・ドーズ/トマス・スティーブンス「視点」文:ジャン=ピエール・マテ/スーザだけじゃない!世界のマーチ王列伝 山下龍男/国際ダブルリード・コンファレンスinロッテルダム 松井省緯一/他
172号
(1995年12月号)
ジョン・ウォーレス/トーマス・インデアミューレ/酒井秀明/岩崎弘昌/モーリス・アンドレ「独演会」/ヴィヴィッド・ブラス・トウキョー演奏会/藤井香織/女性Trb奏者:アビー・コナント チェリビダッケとの裁判闘争/ミュンヘン国際コンクールTrb部門 永濱幸雄、白石直之/リードの「理想型」へのアプローチ 長松正明/ドレスデンフィルTrbセクション/他
171号
(1995年11月号)
伊熊啓輔/「出ロシア」音楽家が見たイスラエル音楽事情 グリゴリー・へルソンスキー/私が初演にかかわった二人の巨匠:ベリオ×ブーレーズ パスカル・ガロア/ミヒャエル・マルティン・コフラー/藤山いずみ/アークティクブラス/対談:中川良平×ヨアキン・ヴェルデペニアス/レオナルド・ファルコーニ国際コンクール 幡野武さんが優勝/国際Clフェスト見聞記 平井常哉/他
170号
(1995年10月号)
古典Clからのアプローチ アントニー・ペイ/ロルフ・スメドヴィッグ/V.I.FフルートQT/ラデク・バボラク/佐久間由美子/ヴァルブ・オイルの性能はどれも同じか?ダヴィッドH・エルガス・シニアー/中川良平の室内楽講座in仙台/ナチュラルTpへの道(2)竹村義明/第27回国際Hrワークショップ講演録 ルシアン・テーヴェ/ギイ・トゥブロン「ブルゴーニュの休日」会見記/他
169号
(1995年9月号)
制作者訪問・古田土フルート工房/アメリカン・ホルンQT/ジャズCl 滝川雅弘/ライオシュ・レンチェシュ/95世界ホルンフェスティバルin山形/永濱幸雄の仏リポート「パリ、リヨン音楽院」/ナチュラルTpへの道(1)竹村義明/トランペットと女性(2)池田英三子/木管楽器用リード材「葦の物理的性質」小幡谷英一、則元京/救世軍インターナショナル・スタッフバンド/他
168号
(1995年8月号)
ジョン・ブルース・イエー/ヴラディーミル・ズイコフ/ロベルト・ファン・バール BISレーベルの理念/アート・オブ・ブラス・ウィーン/ジョージ・ロバーツ/山根孝司/金管プレーヤーのための危機管理マニュアル3 ベル麻痺からの快復/第20回トゥーロン国際Trbコンクール 永濱幸雄/パリの空の下、超元気なバソンたち 小山清/トランペットと女性(2)池田英三子/他
167号
(1995年7月号)
ドイツクラリネットと心の音 鈴木豊人/オーレリアサクソフォンカルテット/赤坂達三/ゲヴァントハウス管弦楽団Timp奏者カール・メーリッヒ/上野友子/「マスタリング・ザ・テューバ」活用術 ロジャー・ボボ、小倉貞行/トランペットと女性(1)池田英三子/国際女性ブラスカンファレンスの設立ドキュメント/95世界ホルンフェスティバル全スケジュール表/他
166号
(1995年6月号)
ソロ奏者ポール・メイエの「生活と意見」/アトランティックブラス神戸支援コンサート/コンテンポラリー作品に挑む 木ノ脇道元/教授ブライアン・ボーマンの指導者としての横顔/茂木大輔初リサイタルの豪華な内容/第18回アンサンブルコンテスト見聞記 中川良平/日本人初のドイツAオーケストラ入団 岡本祝子/有田正広+榎田雅祥レクチャーコンサート(2)/他
165号
(1995年5月号)
米メジャーオケ初の女性首席金管奏者スーザン・スローター/オーレ・エドワルト・アントンセン/オーボエとひちりきでリサイタル 溝入由美子/金石幸夫氏を偲ぶメモリアルコンサート/金管プレイヤーのための危機管理マニュアル2 金管プレイヤーの大敵「バテ」の謎を探る/「バテ」からのプロセス 守山光三/有田正広+榎田雅祥レクチャーコンサート(1)/他
164号
(1995年4月号)
セルゲイ・ナカリャコフ/横浜ノネットの15年/深石宗太郎・黒沢ひろみのユーフォニアム夫妻/斉藤貴志 Saxの現代レパートリーを紹介する/金管プレイヤーのための危機管理マニュアル1 ある日突然襲ってくるベル麻痺/ヤマハ「Xeno」Trbの設計者に聞く 赤川幸次郎/銀のマウスピースまで出たヤマハ金管マウスピース 濱永晋二/サッカーとTpの幸福な結合・ブレーメン/他
163号
(1995年3月号)
日本のオーケストラ飛躍の条件 尾高忠明/東京バッハバンド94 中川良平氏に聞く/日本のフルート作品連続演奏 小泉浩/「まじめな」大編成ブラス ブラスクリエーション/シエナWO 井口有里/バロックトランペット製作で歴史を追体験 島田俊雄/誰も書かなかったモスクワオーケストラ界事情2 高橋よしたか/ヤマハ「スーパーボーカル」設計者・釼持弘司氏に聞く/他
162号
(1995年2月号)
クリス・ゲッカー/ジョン・ハール/デイヴ・バレンティン/Tp奏者としての女性を考える 池田英三子/トーマス・オケーリー/モスクワオーケストラ界事情1 高橋よしたか/モーリス・アンドレ/吹奏能力に男女差はあるか?/P.シュミードル洗足学園大客員教授に/須川展也 パリ音楽院他でマスタークラスとコンサート/'95世界Hrフェスティバルin山形 E.パウリー女史に聞く/他
161号
(1995年1月号)
ドイツ軍占領下のパリ音楽家秘話 ピエール・ピエルロ/マエストロが語るオーケストラの機微(2)朝比奈隆/澤村康恵/神田寛明/栗田雅勝/第11回日本管打楽器コンクール/第4回国際Obコンクール東京/「アーバン」その人と時代/セルマー社の歴史と未来への展望/告発!「セクハラ」と音楽の教師たち/ウィーン青年管楽フィルをK.ヤイトラー氏に聞く/他
160号
(1994年12月号)
ブルーノ・シュナイダー/マエストロが語るオーケストラの機微(1)朝比奈隆/ジョバンニ・デアンジェリ/パオロ・グラツィア/マティアス・リュッタース/池田順子/座談会:ミュンヘンコンクールHr部門総括/ブレーメン国際Tpフェスティバル/国際ダブルリード協会世界大会/葦(リード)の髄(穴)から天を覗いてA中川良平/ジャーマンブラス・クレスポ兄弟の使用楽器/他
159号
(1994年11月号)
建築音響設計のパイオニア 永田穂/アルブレヒト・マイヤー/高橋知己/アラン・トゥルーデル/ピエール・シュテファン・ムジェ/オケピットから見たバイロイト音楽祭 武内安幸/E♭クラリネットの本当の姿が見えた!ヤマハ新製品 小野光雄/葦(リード)の髄(穴)から天を覗いて@中川良平/ミュート操作を容易にする5つの条件 ベニー・スラチン/F.フェネルの肖像C/他
158号
(1994年10月号)
寺本義明/クリスチャン・リンドバーグに聞く/阿部まみ/ジェローム・カレ/山岡潤/座談会・クラシカルサクソフォンの原点は何? 赤松二郎×雲井雅人×須川展也/Hrプレフェスティヴァル/クリフォード・ブラウン物語/ナルボンヌ国際金管五重奏コンクール/コンピュータ音楽が変わる?IRCAM 山崎慎一郎/F.フェネルの肖像B 聞き手=三浦徹/他
157号
(1994年9月号)
武満徹の新作協奏曲を初演!C.リンドバーグ/日本人学生の心の扉を開いたモーリス・ブールグ/バーゼルでFlアトリエを開く 植沢晴夫/ヨハン・ヒンドラー/日本芸術院堂を受賞した吉田雅夫さん/トーマス・ステイシー/曽我部清典ワークショップ/F.フェネルの肖像A聞き手=三浦徹/コルネット(ツィンク)その栄光と衰退の歴史 ブルース・ディッキー/他
156号
(1994年8月号)
NYフィル首席ジョゼフ・アレッシ/フルート演奏の「拡張技法」ウィル・オッフェルマンス/F.フェネルの肖像@聞き手=三浦徹/東京ホルンクワルテット/マイケル・トンプソン/英国コルネット界の名手ロジャー・ウェブスター/日米CONN対談 P.マイアースvs山本真/ブージー&ホークス そのめざましい復活/幻のClマウスピース・シェデヴィル 船橋忠雄/他
155号
(1994年7月号)
ブラームスからフリージャズまで ジャック・ディドナード/ウィンナHrとウィーンのサウンド(2)ギュンター・ヘグナー/中務朋子/栄村正吾/ダドリー・ブライト/CDバッシングに見る誤解と迷信/朝日記事に対する音響工学専門家の見解/レコーディングセッション見聞録 チェコフィル・ポニーキャニオン 田中麦彦/陰徳のメセナ活動67年 大森喜代三郎さん逝く/他
154号
(1994年6月号)
ロスフィル・ピッコロ奏者 マイルス・ゼントナー/スイス「笛吹きたち」二度目の来日/金石幸夫さん逝く/名古屋バッハ・バンド94公演/金管アンサンブルレパートリーアンケート/ウィンナHrとウィーンのサウンド(1)/アメリカのジャズ教育(大学編)山岡潤/世界ホルンフェスティバルのプレイベント開催 95世界ホルンフェスティバルinやまがた/他
153号
(1994年5月号)
メインストリームジャズを担う27才!原朋直/ブラスブリトゥン誌編集長が見たニッポン/ギュンター・パッシン/日本の笛、現代の音●横笛 芝祐靖/ヤマハ大阪アトリエの管楽器マイスター 河村百丈/フレデリック・フェネルの部屋を覗いてみた/邦人作曲家ブラスクインテットの競作 上野の森ブラス/スティーブン・ミード/葦畑の帝王?ベルナルド・バン・ドーレン/他
152号
(1994年4月号)
C.ナイディック「モッツァフィアート」デビュー/ヤマハホルン開発秘史 濱永晋二/モネット・トランペットはどこへいく?/自作竹楽器によるパフォーマンス 竹鼓舌/労多くして報われる、ロゾー栽培 山畑馨/木管アンサンブルレパートリーアンケート/藤田乙比古に木管五重奏のレパートリーを聞く/フルート循環呼吸のすすめ 若林正史/喇叭の原イメージを求めて 山西龍郎/他
151号
(1994年3月号)
テューバそしてわが祖国チェコ ヴァツラフ・ホザ/日本の笛、現代の音●横笛(能管、篠笛)藤舎名生/尺八づくりを楽しむハイテク道具の世界 目白工具店/「空白」後の復活なるか?デュパン・オーボエ/喇叭の原イメージを求めて 山西龍郎/アメリカのジャズ教育(高校編)山岡潤/ヤマハ「ゼノ2」登場 庭田俊一/村井祐児 やっぱり「男の音」はいいもんだ/他
●101〜150号

●1〜50号  ●51〜100号  ●101〜150号  ●151〜200号 
●201〜250号  ●251〜300号  ●301号〜350号  ●351〜400号 
●401号〜   



バックナンバー販売のご案内

 バックナンバーを販売しております。 在庫の有無に関しては、メールまたは電話にてパイパーズにお問い合わせください。 またパイパーズオンラインショップに表示されているバックナンバーは在庫があります。 どうぞそちらもご利用下さい。

送料は以下の通りです。
バックナンバー  1〜9冊  : 200円
         10冊以上 : 無料


記事コピーサービス

 バックナンバーの在庫がない場合に限り、ご希望の記事をコピーいたします。 1ページにつき¥100(税抜)、送料は実費(通常はクロネコDM便で発送=82円、ネコポス便(DM便より早い)をご希望の場合は185円)です。 記事コピーとバックナンバーを合わせてお送りする場合は、コピー枚数にかかわらず、バックナンバーの冊数に応じた送料が適用されます。

バックナンバー、記事コピーのご注文は下記の方法よりご注文下さい。
E-mail:order@pipers.co.jp
電話:03-5205-3666
FAX:03-5205-3667

定期購読のススメ

定期購読がお得で便利です!
毎月確実にお手元にお届けする定期購読は、貴重な情報や読み物を逃さず、しかも割安です。
また、定期購読期間中にパイパーズのオンラインショップをご利用の際には送料無料!
(ご注文の際は送料が表示されますが、ご請求またはクレジット引き落としの際に引かせていただきます)

PIPERS定期購読料金(送料・税込み)
1年間(12冊)・・・・・・¥9,720  (一冊当たり約810円)

お申し込み

御希望の購読期間と購読開始月、氏名・住所・電話番号(FAXも)を明記して下さい。
お電話、FAX、はがき等でのご注文もお受けします。

全国有名楽器店・大都市の主要店でも発売中。トーハンか日販(ニッパン)と取り引きのある書店なら、取り寄せも可能です。