TOP > パイパーズ > バックナンバー一覧 > バックナンバー

バックナンバーのご案内

434 / OCTORBER

2017年10月号

女性ブラスプレイヤーが歩んで来た道:国際女性ブラスコンファレンスから/フルート:アンドレ・リーバークネヒト「すべてのトラブルのもとは息が吸えていないこと」/日本のプロオケ初の女性首席トランペット:松木亜希/サクソフォン:ヤン・ルマリエ「若くして選んだ教師としての道」/ヤナギサワWOソプラノの魅力を語る:野原孝/リポート:国際トロンボーンフェスティバル/アルチュニアン国際管楽フェスティバルに参加した/R.スチュワートのブラスギャラリー:トミー・ジョンソンのダブルテューバ/アーカイブ:ジョン・マーセラス/他

2017年9月20日発売 ¥850(税抜き)

特集

国際女性ブラスコンファレンス
女性ブラスプレイヤーが歩んできた道
そのパイオニアたちに光を当てる

金管楽器の世界に女性が登場するのは、世界的にみても古い話ではない。その歴史を明らかにし、女性ブラスプレイヤーを支援するための国際大会が今年6月に米国で行われた。

フルート奏者/ミュンヘン音大教授
アンドレア・リーバークネヒト
トラブルのもとは沢山の息を吸えていないこと!

アドリアンの後任としてミュンヘン音大で指導に当たるリーバークネヒト氏。特に「音づくり」にはこだわるという氏のレッスンの要点を探るべく、講師として来日したこの夏の浜松国際管楽器アカデミーを覗いた。

東京シティ・フィル首席トランペット
トランペット松木亜希
日本のプロオケ初の女性首席Trp誕生!

「いつ誰が首席の座を手にするか?」……関係者のあいだで秘かな話題になっていた、女性首席Trpの記念すべき第1号となった松木さんが歩んで来た道は?

サクソフォン奏者
ヤン・ルマリエ
若くして国家資格を取得して選んだ教師としての道

多くの日本の若いサクソフォン奏者たちがその指導に接しているヤン・ルマリエ氏。演奏活動を続けながら指導のエキスパートとして歩んできたその半生を紹介。

ソプラノサックスの新しい高みへ
ヤナギサワWOソプラノ誕生
その魅力を語る:野原孝

ヤナギサワの注目の新ソプラノサクソフォン「WO」シリーズの魅力を、ヤナギサワ・アドバイザーで気鋭の若手の言葉でお届けする。

リポート
国際トロンボーンフェスティバル
カリフォルニアで開催されたトロンボーンの祭典

イアン・バウスフィールドとジェームズ・マーキーが圧巻の演奏! 前衛的な現代曲のプログラムも多く……

ロブ・スチュワートのブラス・ギャラリー
トミー・ジョンソンのダブルテューバ

著名なテューバ奏者トミー・ジョンソンの求めに応じてF/C管のダブルテューバを製作。そのC管の低音は非常に素晴らしいものになった。

未知の国アルメニアで開催
アルチュニアン国際管楽フェスティバル

ハチャトゥリアンやアルチュニアンを生んだ国としてしか知らない未知の国、アルメニアで行われた音楽祭に参加した。

集中連載(11)
Oboeジョン・マック
我が遍歴を語る

元クリーブランド管弦楽団首席オーボエ、米国Ob界の巨人が赤裸々に語る。

連載:カゲヤマ博士の演奏心理学
パフォーマンス前のルーティン

ルーティンはあった方が良いのか? またそれにはどれだけの一貫性が必要か?

Pipers Archive◎再録記事
ジョン・マーセラス
レミントンと米国のトロンボーン

太管トロンボーンの仕掛け人はレミントンだった!レミントンから3代目のイーストマン教授としてその流れを受け継ぐマーセラスに、米国トロンボーンの系譜を聞いた。

新連載:丸田悠太の
そこが知りたいKOSEIライフ
高音木管セクションの5人から

個性豊かな30名のメンバーが織り成すプロのウインドオーケストラの知られざる日常を、赤裸々に綴る。

3回連載第2回
Last Pictureー今ひとたびの宮本大路 by三宅純

トピックス

毎夏の浜松でしか聴けない贅沢な顔ぶれで
第23回浜松国際管楽器フェスティバル

連載・コラム・その他

クラリネットのフィリップ・ベローに学び共に演奏した夏
中川英二郎のトロンボーンアルバム/我が家の新入りデバイスは……
平野公崇の多事奏音/ロンデックス国際コンクール
ミードと暮らす/優れたビジネス能力あればこそ
ナイディック&大島クラリネット講座/アルバン・ベルク「4つの小品」
ヴィンテージSAXの遊び方/セルマー・マークVIIアルトサクソフォン
スクランブル/松本健司Cl&マティアス・ストリングス

PRODUCTS

バック「エルクハート記念43ベルモデル」
新製品ピックアップ

CD評

木幡一誠の今月のCD

その他

ニューズフラッシュ コンサートガイド 編集子の雑談室