第2版好評発売中


My "little" BACH-BOOK for A Solitary Basoonist
〜ひとりぽっちのバスーニストのためのリトル・バッハ・ブック〜
少部数出版/A4版/48P/¥3465(本体価格\3300・送料別 ¥300 )

 私たち、「現代管楽器(産業革命の後やっと完成され、発明され、 20世紀に入る直前に普及してきたという歴史的背景を持つ)」には、J.S.BACH(1685-1750)を初め、 クラシック音楽の基礎に当たるバロック期の作品のレパートリーが極端に欠如しています。
 BACHの作品も、Fluteに少しあるだけで、Oboeのものはそれより少ない。 音楽辞典の「字」だけを見れば、当時、TrumpetもTromboneもHornも有ったことにはなるが、 現代21世紀の私達の使用するものとは構造も奏法も全く異なる「ぜんぜん別の楽器」ということになります。 当時のViolinは楽器として既に完成しており、あなたの友人の使っているアマティやストラディバリウスは、 もう「そこ」に有ったのであり、今でも「それ」を使っているわけなのですが。
 ということで、現在音楽大学に通っているClarinet,Saxophone,B♭-Trumpet, French-Horn,Tenor-Trombone,Euphonium,Tubaの人たちのためのJ.S.BACHの作品は皆無。 Bassoonの場合でも「ソナタ」も「コンチェルト」もありません。「無い」から「やらなくてよい」 で通り過ぎてしまうのは本当に残念なことです。
 ここに集めてきて、Bassoon(Fagotto)用に 「調理して準備」したJ.S.BACHの名曲の数々は、イラストで示しておいたように、 それぞれBassoon以外の楽器のために書き残されたものですが、著者自身が自分の「無二の親友」 である愛器と2人っきりで休日をゆっくり過ごすために以前から書きとめておいたものです。 ですから、目的は純粋に「音楽」を楽しむためのものであり、吹きながら身体の別の穴から 同時に息を吸い続けるという超絶技巧を習得するためのものではありません。 正しく、楽しく使用されることを祈っています。

Autmn・2002
逗子−JAPAN
中川良平

 ●Allemande,Sarabande,Menuet,SinfoniaなどJ.S.BACHの名曲12曲を編曲収録。良質の楽譜に恵まれないバスーニストのバッハ作品への「渇」をいやす名編曲集。既刊の2重奏の名著「My"NEW"Melody Book-1999 for 2 Bassoons」に続くバスーニスト・シリーズ第二弾。
(#1) Allemande,BWV-1013/1
(#2)Corrente,BWV-1013/2
(#3)Sarabande,BWV-1013/3
(#4)Bourr'ee Anglaise,BWV-1013/4
(#5)Menuet(1),BWV-1006/4
(#6)Sinfonia,Cantata#156,BWV-1052/2
(#7)Arie,BWV-1068/2
(#8)Andante,BWV-1003/2
(#9)Andante,BWV-826/1:The Mid-Section
(#10)Sarabande,BWV-1007/4
(#11)Gavotta,BWV-1006/3:not en Rondeau
(#12)Prelude,BWV-1012/1

<楽譜の一部をご覧になれます>

 ●付録1 カンタータ#147のあの有名な旋律の9小節を「固定度」ではなく「階名」で暗譜させ「音楽を造るときに使う相対音感を養成」するための譜面 9ページを収録。自習&レッスンに最適。


 ●付録2 コントラバスや、片手でならピアノを弾ける人と楽しむための「Continuo-Parts」も収録(#6、7、8、9の各曲)。


(国際ダブルリード協会機関誌「IDRS」に掲載された絶賛書評)
“My“little”BACH-BOOK for A Solitary Bassoonist” arranged by Ryohei Nakagawa
〜「一人ぽっちのバスーン奏者のためのリトル・バッハブック」〜
by Ronald Klimko(同誌Editor)

 日本の管楽器専門誌「パイパーズ」から出版されたこの素晴らしい新刊の書評を書 く、(評者にとって)これほど楽しい仕事はありません。この「My“little” BACH-BOOK for A Solitary Bassoonist」(ひとりぼっちのバスーニストのためのリ トル・バッハブック)は、日本の傑出したバスーニスト/編曲家/指揮者である リョーヘイ・ナカガワが、J.S.BACHのもっとも美しいメロディをバスーン1本だけで 楽しめるように書き上げた編曲集です。しかし、ああ! このような説明だけでは、 この本の素晴らしさをすべて伝えることなど到底できません。これはそれ自体が一個 の「芸術作品」として出来上がっているのです!! デザイン、イラストレーショ ン、そして楽譜のすべてがナカガワの「手書き」によるもので、(しかも)ナカガワ 自身から演奏者への「メッセージ」が全巻いたるところに載せられているのです。楽 譜も、すべて著者の手書きによるもので、BACHのもっとも美しい旋律群がみごとに編 集・編曲され、この才能豊かな著者によって芸術的に「演出」されています。 この 本には、楽譜のほかに素晴らしい「著者のお話」が随所に現れます。たとえば、

●「延々と続く16分音符を半死半生の状態で吹き続ける必要は決して無い。和声進行 による終止形の部分で「フェルマータ」を取って「お茶」にしても良いのだから!」

●「真っ黒に見えるバロック音楽の譜面に出会って逆上しないように。なぜなら、当 時の記譜法では『1ビート』は主に8分音符で書かれたのであるから。後の時代(古 典派、ロマン派,20世紀のハリウッド音楽)の16分音符と混同して『速いぞ! 大変 だ!』と思い込む人たちが多すぎる」とかの「お話」です。

この本には、二つの楽しい付録がついています。

(1)「それほど『Solitary(孤高)』ではない人たちのための『コンティニュオ・ パート』」。
 ひとりぼっちが続きすぎて少し淋しくなってきた人々のために、#6、#7、#8、#9 の4曲には通奏低音のパート譜が用意されています。「コントラバスのピチカート」 か「ピアノの片手弾き」で2重奏を楽しむことができます。

(2)「カンタータ第147番から採られた楽しい『9小節のエチュード』」。
 #1の最低音域(Es-dur)で暗譜したこの9小節を半音ずつ移調して上昇して行くものです。それにしても、最後の#26(f-dur)は高過ぎる! しかしここでは、著者が故F.MORITZ氏(ベルリン響−ロスアンジェルス響)から、氏の楽器と共に授けられた「オクターブ・キー」 の完全使用演奏法のシステムに関するA[+]、C[0]オクターブ・キーの使用のポイントやLock-key(Heckel System #3) の開閉の時点などのメモが細かく記入されています。

 なお、著者はこのエチュードの#24、#25、#26に関しては「見るだけ」にしておくように指定しています。 「もし貴方が実際に演奏できる場合は、そのことを絶対に他人に洩らしてはいけない、 特に作曲家たちには! その理由は判るでしょう!」と述べています。

 これはまさに「身近において使うべき本当に楽しい本」です。このところ、 私はこの本を譜面台の上に置きっぱなしにして、楽しみや気分転換のために吹いたり、新しい リードをテストするのに使えるようにしました。 私は、この本を「座右の銘」(MUST HAVE)としてプロ・アマを問わず、すべてのバスーニストに強く推薦します。 たんなる楽しい「エチュード」としてではなく、もっと重要な意味を持つ「芸術作品」として。

パイパーズ
Phone:03-5205-3666/FAX:03-5205-3667 Email:order@pipers.co.jp

 
ご注文の方法

 下記のフォームからご注文ください。送料は1回のご注文につき一律200円となります。 メール、お電話、FAXでのご注文も承ります。


E-MAIL:order@pipers.co.jp

 

フルートデュエット集  バスーンデュエット集  ヴェニスの謝肉祭
PWQシリーズ楽譜  PWQシリーズCD  PBBQシリーズ 東京バッハバンドCD