カテゴリ
木管
金管
邦楽


ご注文方法





topに戻る

PIPERS 目次一覧 音楽一般・連載

音楽一般をさらにカテゴリ分けしました。
演奏心理・健康  ・ 演奏法  ・ オーケストラ  ・ 弦楽器奏者
古楽  ・ 作曲家  ・ 指揮者  ・ ジャズ他  ・ 吹奏楽  ・ ホール、劇場
ファッション  ・ リコーダー  ・ 人物、歴史  ・ 小説  ・ その他


号数内容ページ数
演奏心理・健康
ノア・カゲヤマ/ジュリアード音楽院カゲヤマ博士の演奏心理学シリーズ
411第1回 ステージ・フライト(あがり)の克服 4
412第2回 1日に何時間練習するべきか? 4
413第3回 ゆっくりした練習は本当に必要? 2
414第4回 トレーニング効率の違い 2
415第5回 効果的な暗譜法と効果が少ない暗譜法 2
416第6回 効率の良い練習 2
417第7回 音符が先か音楽が先か?3
418第8回 成功のマイナス面と失敗のプラス面3
419第9回 ツァイガルニク効果を活用しよう!2
420第10回 ツァイガルニク効果を活用しよう!(後編)2
421第11回 適正練習vs過剰練習2
422第12回 オーディションへのアドバイス3
422第13回 完璧な練習がなぜトラブルを?3
424第14回 あがった時にはQuiet Eye2
425第15回 メンタル・プラクティス3
426第16回 失敗や挫折を味わった後に3
427第17回 失敗や挫折を味わった後に(続)2
428第18回 カリスマ性に富んだパフォーマンス2
429第19回 ストレスは記憶力を弱める2
430第20回 視線を制御する2
431第21回 スキル習得には気配りを2
432第22回 脳が疲れたら休みをとれ2
433第23回 練習がはかどらない2
434第24回 パフォ-マンス前のルーティン2
435第25回 弓を逆さまに持って弾く?2
436第26回 生徒に選択の自由を与えると?2
437第27回 パフォーマーならポーカーフェイスで2
438第28回 予言の自己成就2
439第29回 プレッシャーには慣れておけ!2
440第30回 目を開けて演奏?それとも閉じて?2
441第31回 練習能率を上げるには?2
442第32回 暗譜力をつけるベストの方法は?2
443第33回 神経に役に立つタイプ?2
444第34回 本番前のストレスを減らす遊び2
445第35回 独創性は重要だが……2
446第36回 勉強しながら音楽を聴くのはOK?2
447第37回 オーディション直前に役立つメール?2
448第38回 椅子の正しい座り方2
449第39回 クラシック音楽家はナーバスになりやすい?2
450第40回 他人は苦労してないように見える?2
451第41回 時差ボケを減らしてベストの演奏をするには?(前編)2
452第42回 時差ボケを減らしてベストの演奏をするには?(後編)2
453第43回 イメージ練習でメトロノームを使う?2
454第44回 好きになれない音楽にパッションを持つには?2
455第45回 本番でもっと美しい音を出すためのメンタルシフト2
456第46回 メンタルプラクティスで視覚化する2
457第47回 音程の完璧度が聞き手に与える影響2
458第48回 演奏後の反省2
459第49回 楽屋でクールに本番を待つ方法2
460第50回 ライバルの存在は利点になる2
461第51回 練習時のミスをパフォーマンス向上に利用する方法2
462第52回 テクニックのミスを誇張してテクニックを改善!?2
463第53回 ストレスはマインドセット次第2
演奏法
中川良平/ピッチの世界文化圏 440ヘルツをつかまえろ!
113 第1回 440ヘルツをつかまえろ! 対談:中川良平×近衛一 5
114 第2回 440ヘルツをつかまえろ! 対談:中川良平×安元弘行 6
116 第3回 ピッチと“響き”の関係を考える 座談会:鈴木良昭、小畑善昭、中川良平 6
117 第4回 楽器の“スケール”と音程の話 中川良平 4
118 第5回 “絶対音色感”とピッチの歴史(前編) 座談会:本間正史、堂阪清高、中川良平 6
119 第6回 “絶対音色感”とピッチの歴史(後編) 座談会:本間正史、堂阪清高、中川良平 5
124 第7回 開放弦を持つ弦楽器とピッチの世界 座談会:豊嶋泰嗣、毛利伯郎、中川良平 6
125 第8回 開放弦を持つ弦楽器とピッチの世界 座談会:豊嶋泰嗣、毛利伯郎、中川良平 6
127 第9回 ピアノの調律は「響き」を作る仕事 対談:松本昭一×中川良平 6
128 第9回-2 ピアノという楽器にまつわるピッチの諸問題 対談:松本昭一×中川良平6
オーケストラ
オーケストラ・プレイヤー名簿(1981~1983年掲載)
1 日本フィル 都響 3
2 東京交響楽団 新星日本交響楽団 4
3 東京フィルハーモニー交響楽団 5
4 新日本フィルハーモニー交響楽団 3
5 東京シティ・フィルハーモニー交響楽団 2
6 NHK交響楽団 3
7 東京佼成ウィンドオーケストラ 3
8 京都市交響楽団 3
9 札幌交響楽団 2
10 大阪フィルハーモニー交響楽団 3
11 名古屋フィルハーモニー交響楽団 2
12 群馬交響楽団 2
13 宮城フィルハーモニー管弦楽団 2
14 九州交響楽団 2
15 大阪府音楽団 3
16 大阪市音楽団 3
17 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 3
18 広島交響楽団 2
19 山形交響楽団 2
20 関西フィルハーモニー管弦楽団 2
各国オーケストラメンバーと使用楽器(1986~1991年掲載)
64 バンベルク交響楽団  2
65 レニングラード・フィル 2
66 シュトゥットガルト放送響  2
67 フィルハーモニア管弦楽団 2
68 エーテボリ交響楽団 2
69 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 2
70 ハンブルク北ドイツ放送交響楽団 2
71 ピッツバーグ交響楽団 2
72 ソビエト国立交響楽団 2
72 スウェーデン放送交響楽団 2
73 バーミンガム市交響楽団 2
74 スペイン国立管弦楽団 2
76 メルボルン交響楽団 2
77 スイス・ロマンド管弦楽団 2
78 フランクフルト放送交響楽団 2
79 ヘルシンキ・フィルハーモニー 2
80 香港フィルハーモニー・オーケストラ 2
81 ハンガリー国立交響楽団 2
82 サンフランシスコ交響楽団 2
83 ケルン放送交響楽団 2
84 バイエルン放送交響楽団 2
85 パリ・オペラ座管弦楽団 2
87 ミラノ・スカラ座管弦楽団 2
87 ロスアンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団 2
88 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 2
89 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 2
90 バイエルン国立歌劇場管弦楽団 2
91 シュトゥットガルト・フィルハーモニー管弦楽団 2
93 パリ管弦楽団 2
94 ロンドン交響楽団 2
95 フェラデルフィア管弦楽団 2
97 ボリショイ歌劇場管弦楽団 2
98 ベルリン放送交響楽団 2
99 ニューヨーク・フィルハーモニック 2
100 上海交響楽団 2
101 モントリオール交響楽団 2
102 ボストン交響楽団 2
103 ナショナル交響楽団 2
104 ストックホルムフィル 2
105 セントルイス交響楽団 2
106 シカゴ交響楽団 2
107 トロント交響楽団 2
112 チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 2
114 フランス国立管弦楽団 2
113 ベルリン国立歌劇場管弦楽団 2
120 バンクーバー交響楽団 2
シリーズ・日本のオーケストラ(1987~1988年掲載)
75 1 札幌交響楽団 2
76 2 宮城フィルハーモニー管弦楽団 2
77 3 群馬交響楽団 2
78 4 山形交響楽団 2
79 5 九州交響楽団 2
80 6 名古屋フィルハーモニー交響楽団 2
81 7 広島交響楽団 2
82 8 大阪フィルハーモニー交響楽団 2
84 9 京都市交響楽団 2
85 10 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 2
86 11 関西フィルハーモニー管弦楽団 2
87 12 新星日本交響楽団 2
国内プロオケ管打楽器奏者名鑑(1990~1991年掲載)
105 ① 東京交響楽団・札幌交響楽団 6
106 ② 新日本フィルハーモニー交響楽団・仙台フィルハーモニー管弦楽団 6
107 ③ 読売日本交響楽団・広島交響楽団 6
108 ④ 東京交響楽団・神奈川フィルハーモニー管弦楽団 6
109 ⑤ 日本フィルハーモニー交響楽団・大阪フィルハーモニー交響楽団 6
110 ⑥ 京都市交響楽団・関西フィルハーモニー管弦楽団 6
111 ⑦ NHK交響楽団・山形交響楽団 6
112 ⑧ 新星日本交響楽団・オーケストラアンサンブル金沢 5
113 ⑨ 東京フィルハーモニー交響楽団・九州交響楽団 6
114 ⑩ 東京佼成ウインドオーケストラ・大阪センチュリー交響楽団 6
115 ⑪ 名古屋フィルハーモニー交響楽団・東京シティフィルハーモニック管弦楽団 6
116 ⑫ 群馬交響楽団 4
国内外オーケストラ管打楽器奏者一覧(2015年~)
407 国内プロオーケストラ管打楽器奏者一覧 3
408 海外プロオーケストラ管打楽器奏者一覧 3
419 2016国内プロオーケストラ管打楽器奏者一覧 4
421 2016世界の主要オーケストラの管打楽器メンバー一覧 4
430 2017国内プロオーケストラ管打楽器奏者一覧 4
431 2017世界の主要オーケストラ管打楽器奏者一覧 4
443 2018国内プロオーケストラ管打楽器奏者一覧 4
444 2018世界の主要オーケストラ管打楽器奏者一覧 4
445 2018管打楽器をフィーチャーしたオーケストラコンサート国内編 2
446 2018管打楽器をフィーチャーしたオーケストラコンサート海外編4
ジャズ他
副島輝人の駆け抜ける即興演奏家たち
79 エヴァン・パーカー 2
80 アンソニー・ブラクストン 2
81 ジャズサクソフォンカルテットの系譜 2
82 ジョン・ゾーン 知略を尽くした即興音楽 2
83 ジョン・ゾーン その2 2
84 弦楽器のイノヴェイターたち 2
85 音素材からの再構築を試みるラジカリストたち 2
86 肉声表現の尖鋭的方法論 2
87 即興前衛の推移と現状況1 2
88 即興前衛の推移と現状況2 2
89 即興前衛の推移と現状況3 2
90 即興前衛の推移と現状況4(最終回) 2
吹奏楽
156 F.フェネルの肖像1 三浦徹 4
157 F.フェネルの肖像2 三浦徹 4
158 F.フェネルの肖像3 三浦徹 3
159 F.フェネルの肖像4 最終回 三浦徹 4
ホール、劇場
森川一/テアター(劇場)この魅力的なもの
186 ①日本の「劇場」は宝塚だけ? 2
187 ②ウルム市立劇場 2
188 ③ウルム市立劇場パート2 2
189 ④ウルム市立劇場パート3 2
190 ⑤ウルム市立劇場パート4 2
191 ⑥ハイデルベルク市立劇場 2
192 ⑦ハイデルベルク市立劇場2 2
193 ⑧劇場オケと交響楽団の合併 2
194 ⑨ドイツ最古の町の劇場オーケストラ 2
195 ⑩(最終回) ニュルンベルク市立劇場 2
サビーナ・ペイド/現代のコンサートホール
248 1 コンサートホールの起源と女性解放 3
249 2 コンサートホール設計のハイテクとローテク 3
250 3 シューボックス型からヴィンヤード型へ 5
253 4 トランペットエコー 3
256 5 広がる壁すぼまる音 3
元気な音楽ホール
295 ①5年連続8割強の集客率を誇る 三重県文化会館の知恵と実績  5
296 ②完売御礼ラッシュ止まらぬ!武蔵野市民文化会館 チーフプロデューサー栗原一浩さんに聞く 5
297 ③焼津市文化センター 収支率全国トップクラス 5
298 ④多治見市文化会館 市民が主役・独創の250講座 5
299 ⑤幸田町町民会館 抜群の運営実績を誇る 5
ファッション
池田ゆうの「音楽家のファッションチェック」
304 オフステージでは思いっきりカジュアル編 ゲスト加藤明久(N響クラリネット奏者/N響「服装委員会委員長」) 4
305 音楽もスーツも「クラシック」で決める! ゲスト吉田将(読売日本交響楽団首席ファゴット) 4
306 ネクタイ一本の心理学 ゲスト:本間正史さん(東京都交響楽団首席オーボエ) 4
307 ステージ衣装はシャツ ゲスト:須川展也さん(サクスフォン奏者) 4
308 ジャズは最高のアート、時にはドレスアップを ゲスト:原朋直さん(トランペット奏者) 4
309 衣も住も生活のスタイルから ゲスト:織田準一さん(トランペット奏者) 4
310 歳に媚びないダンディズム ゲスト:横川晴児三(NHK交響楽団首席クラリネット奏者) 4
311 持つべきものは「Myスタイリスト」 ゲスト:新田幹男(NHK交響楽団首席トロンボーン奏者) 4
312 今の僕に必要な色は? ゲスト:荒川洋さん(新日本フィル副首席フルート奏者) 4
313 大人のお洒落は柔らかな隠し味で ゲスト:吉永雅人さん(新日本フィル首席ホルン奏者) 4
314 40を過ぎたらお洒落もホンモノ! 赤坂達三さん 4
315 (最終回)宮本文昭さんの服装術! 5
人物、歴史
楽隊の語り部
1 楽隊の語り部 小山恒明(tp) 3
3 楽隊の語り部 都丸欣一(tp) 4
4 楽隊の語り部 五十嵐明要、原田イサム (sax、perc)4
6 楽隊の語り部 渡辺順(一般) 4
7 楽隊の語り部 岩井直博(作曲者) 4
山西龍郎/「楽器」の社会史
101 「楽器」の社会史1 楽器に刻まれたヨーロッパ社会の襞を解く 1東西ドイツとチェコにみる楽器の地政学 3
102 「楽器」の社会史2 2ナチの手に収斂されていった古楽復興運動 3アレキサンダー社の古楽器復元の時代背景 4バッハ・トランペットをめぐる論議 5
103 「楽器」の社会史3 5再びライプツィヒ 5
104 「楽器」の社会史4 6都市の中の遍歴楽師たち 7ツンフトにおける遍歴の社会的意味 5
105 「楽器」の社会史5 8ポストホルンの社会史 8
106 「楽器」の社会史6 9森のホルン(1)4
107 「楽器」の社会史7 10森のホルン(2) 3
108 「楽器」の社会史8 11森のホルン(3) 3
109 「楽器」の社会史9 12ホルン・街へ 13ハンペルという存在 6
110 「楽器」の社会史10 14ヴァルヴの社会史1 5
111 「楽器」の社会史11 15ヴァルヴの社会史2 5
112 「楽器」の社会史12(最終回)16ヴァルヴの社会史、17終章 6
近衛秀健/若き日の近衛秀麿
109 若き日の近衛秀麿① 日本オーケストラ界の「交響楽の父」近衛秀麿の若き日の足跡6
110 若き日の近衛秀麿② 5
111 若き日の近衛秀麿③ 4
112 若き日の近衛秀麿④ 4
113 若き日の近衛秀麿⑤ 3
114 若き日の近衛秀麿⑥(最終回)4
杉原道夫/人生80年、ただ夢中の人 師・山下清孟先生
142 人生80年、ただ夢中の人 師・山下清孟先生① 4
143 人生80年、ただ夢中の人 師・山下清孟先生② 4
144 人生80年、ただ夢中の人 師・山下清孟先生③ 4
145 人生80年、ただ夢中の人 師・山下清孟先生④ 6
146 人生80年、ただ夢中の人 師・山下清孟先生⑤ 5
147 人生80年、ただ夢中の人 師・山下清孟先生⑥ 5
148 人生80年、ただ夢中の人 師・山下清孟先生⑦最終回 5
中川良平/西56丁目のカーネギー・ホール ある「ニューヨーク・ミュージシャン」の思い出
280 西56丁目のカーネギー・ホール① 6
281 西56丁目のカーネギー・ホール②6
282 西56丁目のカーネギー・ホール③6
283 西56丁目のカーネギー・ホール④6
284 西56丁目のカーネギー・ホール⑤6
285 西56丁目のカーネギー・ホール⑥6
小説
半沢周三/天上音鳴る
9 短期集中連載小説 第1回天上音鳴る  8
10 第2回 天上音鳴る6
11 第3回 天上音鳴る 6
12 第4回 天上音鳴る 5
13 最終回 天上音鳴る 5
14 小説「天上音鳴る」の著者半沢周三の素顔2
半沢周三/光茫の河
126 光茫の河 オーケストラに夢を翔けた男と群像  5
127 光茫の河② 4
128 光茫の河③ 6
129 光茫の河④ 6
130 光茫の河⑤ 6
131 光茫の河⑥ 6
132 光茫の河⑦ 6
133 光茫の河⑧ 6
134 光茫の河⑨ 6
135 光茫の河⑩ 6
136 光茫の河⑪ 6
137 光茫の河⑫ 6
138 光茫の河⑬ 6
139 光茫の河⑭ 5
140 光茫の河⑮ 6
141 光茫の河⑯ 最終回 6
142 光茫の河の連載を終えて 半沢周三5
その他
楽隊はオーケストラ 愉快な仲間達
34 第1回 東京都交響楽団 伊藤泰世、井上順平、三島武義 2
35 第2回 日本フィルハーモニー交響楽団 浅井俊雄、佐藤英彦、中島大臣 2
36 第3回 読売日本交響楽団 兼氏康雄、山口進一郎、黒沢勝義 2
37 第4回 東京交響楽団 金山茂人、張谷恭子、熊谷直士 2
38 第5回 新日本フィルハーモニー交響楽団 2
39 第6回 東京フィルハーモニー交響楽団 2
40 第7回 NHK交響楽団 2
音楽家アッとホーム
120 ① 津堅直弘 ニャンと17匹 2
121 ② 吉田太美男 帆船マイスター 2
122 ③ 加藤明久 トラッド装法 2
123 ④ 東京都交響楽団 デジタル仲間 2
124 ⑤ 吉田将 音楽室は操車場 2
125 ⑥ 遠藤剛史 主治医は笛吹き!? 2
126 ⑦ 萩谷克己 玩具箱の住人 2
127 ⑧ 鈴木一輝 道はバロメーター 2
128 ⑨ 岡田知之 思い出をすくって 2
129 ⑩ 中館輝厚 ルーペを覗けば 2
130 ⑪ 伊藤泰世 マイ・ブランド 2
131 ⑫ 小倉貞行 バ~ラが咲いた 2
132 ⑬ 霧生吉秀 気分は宇宙遊泳 2
133 ⑭ 渡辺功 発汗量700ml  2
134 ⑮ 守山光三 芸大構内食料事情 2
135 ⑯ 曽我部清典 究極のツールボックス 2
136 ⑰ 茂木大輔 錆びて寂びます 2
137 ⑱ 村井祐児 古今東西人形の館 2
138 ⑲ 大友太郎 朝陽のガンマン 2
139 ⑳ 菅原潤 走れ、おもちゃ箱 2
守安功/アイルランド音楽事情
155 アイルランド音楽事情1  2
156 アイルランド音楽事情2  2
157 アイルランド音楽事情3  2
158 アイルランド音楽事情4  2
159 アイルランド音楽事情5  2
160 アイルランド音楽事情(最終回)  2
拡声器騒音を考える
75 なんとかならんか、この暴力的な音 高梨明 3
94 拡声器騒音を考える 川原衛門 1
95 拡声器騒音を考える 古賀知行 古本屋奮戦レポート 1
96 新宿駅発車「ベル」=「サウンド・アメニティ・ベル」を考える 2
97 正保富三 騒音源としてのエスカレーター 1
99 丸山亮 「音」の環境を浄化しよう 1
100 瓜田澄夫 昼寝は遠くなりにけり 1
101 クラハト・カツミ 公共の場から音楽騒音一掃を 環境を破壊する無神経なBGM 1
103 駅のメロディーは快適ですか?音楽家等50人に聞いたアンケートより  1
104 駅のメロディーは快適ですか?音楽家等50人に聞きました(第二弾) 1
106 赤坂由紀子 うるさいなら山へ?拡声器で市民を8時に起こす権利があるのか 1
109 助川敏弥 音楽を扱うには注意深く-環境音楽制作者の立場から 1
111 末広陽子 不快な音、仕方ない音 有名作曲家の電話にも「お待たせメロディ」が・・・ 1
高梨明/ニッポンの音、日本人の耳
114 ①意味のある音、意味のない音。 3
115 ②駅の快適さとは?発車ベル廃止と「音楽ベル」の導入 3
116 ③親切?それともおせっかい?車内やホームのアナウンス 3
117 ④お寺の鐘の聞こえる生活-すぐれた音風景のキーワード-  3
118 ⑤なぜ日本の街にはBGMが溢れているのか-大道音楽家の生きやすい街に- 3
119 ⑥いいかげんにしてほしい 名前連呼と土下座選挙 3
120 ⑦日本的パターナリズムの危険性 3
121 ⑧拡声器使用規制と「表現の自由」 3
122 ⑨外国人の見た日本の音環境 3
123 ⑩学校が騒音鈍感民族を生み出している-教育の場としてふさわしい対応を- 3
124 ⑪これ以上広がって欲しくない電車の発車メロディ・ベル 3
125 ⑫(最終回)騒音列島ニッポンは私たち日本人の姿-我慢民主主義からの脱皮を- 3
この本の著者に聞く
117 「リズムは揺らぐ」藤原義章 機械的に均等なリズムからは「音楽」は生まれてこない2
118 「オーケストラの社会史」大崎滋生 人間の営為としての音楽、その全体像を社会史的な側面からとらえ直すと・・・ 2
119 「ただいま放送中」大塚修造 音楽を求めて、人々がラジオにかじりついていた音より、今は本当に恵まれているか 2
120 「世界音楽への招待」柘植元一 クラシック以外を、一様に「民族音楽」と呼んで来た音楽観はどこか歪んでいる 2
123 「音を作る」木村哲人 音響効果の世界でも、「音」の個性やお国柄が存在するんです 2
124 「横浜・大正・洋楽ロマン」齋藤龍  2
125 「校舎の調律」岡山好直 生徒たちの耳は、本能的に響きを欲しているはずなんです。2
127 「LPレコードの逆襲」かまち潤 CD一辺倒の世の中に、みんななぜ疑問を持たないのだろう。 2
128 「マーラー万華鏡」桜井健二 その生涯、時代背景…。歴史を紐解いて知るマーラーの実像 2
130 「サントリーホール誕生」石井清司 2
131 「地球の音楽誌」西岡信雄 2
132 「バイオミュージックの力」貫行子2
134 『続・すべての管楽器奏者へ』根本俊男 2
135 「アマゾン音楽漂流記」のなか悟空 2
139 「カフェ・タケミツ」岩田隆太郎 2
142 「シャープとフラットのはなし」東川清一 2
144 「音のうち・そと」北川純子 2
巽一夫/麦酒豪傑が語る世界のビール談義
246 第1回 ビールをおいしく飲むには 2
247 第2回 ビールをおいしく飲むには 2
248 第3回 ビールをおいしく飲むコツ・注ぎ方と保存方法 2
249 第4回 ビールをおいしく飲むコツ・グラスの選び方 2
250 第5回 ビールをおいしく飲むコツ・ビールのおつまみ 2
251 最終回 ビール・コレクションの楽しみ 2
267 今ひとたびのビール談義 巽一夫 6



ピッコロ・フルート クラリネット オーボエ ファゴット サクソフォン トランペット ホルン
トロンボーン ユーフォニアム テューバ 打楽器 管楽器 木管 金管 邦楽 音楽一般


注文方法